スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドを振り返ってみて

2009年03月25日 20:27

約2ヶ月間旅をしたインドを振り返ってみると、
時にはインド人と言い合いになったり、日本では考えられないような汚いホテルに泊まったり、
電車が5時間も遅れたり、何するにも長い行列に並ぶ事になったり・・・イライラする事も沢山あったが、
それでも1時間後にはインド人と一緒に笑っている自分がいた。

バラナシで細い路地を歩いていると、突然 牛が勢いよく走ってきたり
IMG_9195のコピー

顔を真っ白に塗り 私から見るとふざけているのかな??
と思うようなサドゥー(ヒンズーの修行僧)がいたり
IMG_0027のコピー

ゲームどころかボールも何も持っていない子供達が遊びながら
最高の笑顔を見せてくれたり
子供3

子供4

私がちょっと道に迷うとすぐに沢山のインド人が集まってきて「あっちだ」「こっちだ」と
それぞれに教えてくれる世話好きなところも

どれを思い出しても、なんだか自然と顔がほころぶ不思議な魅力のある国。
少しずつインドの魅力に取りつかれていた自分がいます。

私にとって2度目のインドだったのですが、なんとなくまた来たくなりそうな気がします^^
スポンサーサイト

UAE行きの飛行機

2009年03月10日 20:20

3/26 ムンバイ発の飛行機のチケットとりました。
ムンバイからUAEのドバイまでエアインディアで片道 約14,000円。
思ってたよりも安くてびっくり。
UAEはインドからの出稼ぎ労働者が多い事もあり、インド UAE間の便数も多い為
チケットが安いらしいです。

振り返ってみるとあっという間のインドの旅だった気がします。
インドは特に子供達の笑顔が素敵!!
IMG_0010のコピー

子供達の瞳が輝いてる。
blog2のコピー

約束した訳じゃないのに毎日のように会えて、一緒にはしゃいだのが懐かしいな^^

いざインドを去る日が決まると、やはりちょっと寂しいですね。
毎日カレーばかりで飽きてきてたのに、なんかもっとカレー食べておかなくちゃ!
とか日本では高くてなかなか手が届かないフルーツ沢山食べなくちゃ!!とか
色々と名残惜しい気がします。
(あれっ、食べ物のことしか書いてない・・・もちろん食べ物以外にも色々ありますよっ)

その上UAEと言ったら、世界のお金持ちが集まるリゾート地。
一体どんなところなのかわくわくな反面、どれだけ滞在費がかるんだろう??って不安もあります。

まだお互い行った事の無いアラビア半島。
未踏の地だけに、想像がつかなく なおさら楽しみにしてます。

インド流eco??

2009年03月07日 22:22

インドではスクールバスならぬ、スクールリクシャーがあります。
7~8人の子供達を乗せて、自転車を漕いで進みます。
IMG_9422のコピー

これならガソリンもかからないし、環境にもいい!!
これを漕ぐのはかなりきつそうですけどねっ。
技術が進み快適になればなるほど、環境にはよくないのかなぁ。と感じてしまいました。

そしてもう一つ。
以前ヤスさんがブログで紹介した学校見学の様子での子供達のノート。

なんとインドでは子供達は授業中ノートにメモをとらずに、
教室の壁の脇に作られた黒板にメモを取るんです!!
IMG_1053のコピー

もちろんこれもエコではなく、ノートを買うお金がないから
ノートの変わりに黒板を使っているんですけどね。

日本にいると、ノートなんていくらでもあるし あってもなかなか勉強なんてしなかったのが
ちょっと恥ずかしく感じてしまいます。

ただ、無いなら無いなりに 工夫して生活が出来る。
日本に帰っても、この気持ちを忘れないようにしたら、
もっとエコな暮らしが出来そうな気がしました^^

聖なる川での水浴び

2009年03月04日 02:56

昨日ガンジス川での洗濯の事を書きましたが、その他にインド人はガンジス川で体を洗ったり、
シャンプーしたり、本当になんでもしちゃいます。
この川見た目がきたないだけでなく、ガンジス川に入り病気になってしまう旅行者も結構いるらしい。
さすがインド人!!免疫力があるなぁ~!!

IMG_0089のコピー

身を清めるという意味では理解できる様な気もするけど・・・
あなたの身を清めたそのせっけんまみれの水を、下流のほうで巡礼に訪れた人がわざわざボトルに汲んで
ありがたい水として遠く離れた自宅まで持ち帰り、お祈りするんですよっ!!
どう考えても不思議な感じがしてしまう。

ただ誰も文句は言わないし、解ってて水を持ち帰る人がいるのだから、それでいいのでしょうね。

ガンジス川で体を洗いきれいになると、今度は川沿いの床屋でひげを剃り、髪を切る。
IMG_9117のコピー

ガンジス川の水を使いほとんどの生活ができてしまう。
ある意味、生活の中に聖なる川が密接に絡んでいるのでしょうね^^

生活の知恵

2009年03月03日 02:49

インドの聖なる川ガンジス川では人々の生活を垣間見る事が出来ます。
その一つに 洗濯!!
川沿いに並べた洗濯板で 衣類を豪快に叩きつけて洗濯をしています。

IMG_9904.jpg

聖なる川で洗濯なんてしていいの??!!と感じてしまいますが、
インドの人にとっては当たり前。

その上 お世辞にもきれいとは言えないガンジス川の水で洗濯して本当にきれいになるの??
インド人に聞いてみると、
「何いってるんだ。ガンジス川の水はきれいだ!!」
どうみても、茶色に濁ってるんだけどなぁ・・・

インド人の感覚はやはり日本人の私には理解出来ない部分がたくさんありますね。

洗濯が終わると、川の脇に張った二本のねじり合わせたロープにうまいこと挟んで干していく。

IMG_9940.jpg

これを見たとき「おぉぉっ、生活の知恵だなぁ!!」と感じましたね^^
考えてみたら昔は洗濯バサミなんてなかったはずだしなぁ。
あって当たり前になりすぎて、ない時にどうしたらいいのか考え付かない事が
山ほどある気がしました。

そしてインド女性が着るサリーは洗濯の後ガンジス川沿いの階段にそのまま干されます。

IMG_9068のコピー

この階段だって野良犬や牛、ヤギなどの糞がたくさんある決してきれいとは言えない階段だし、
ここに干して、逆に汚れてしまうのでは?と思いますがそれでもたくさんの人が
そこで洗濯をするのだから、それは気にならないのでしょうね。

まぁ私としては、色とりどりのサリーが干してあるガンジス川はそれもまた
心地良いので嬉しいですけどね^^


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。