スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有名人 サーメルさん

2009年05月04日 19:30

世界を旅行していると旅人の間でが広まる。各地の見所や良い店や宿などもHPでも紹介している
「情報ノート」でナマの情報を旅人同士が共有するのである

ここ中東ではおもしろいことに「人」がこれらのノートに載っている。
それは中東を旅をする人なら言わずと知れているアンマンのゲストハウスの従業員
「サーメルさん」

めちゃめちゃ人の良いサーメルさんは旅人の味方でいろいろな情報や接客で人を助けてくれるのである。

その人の良さが旅人の間で有名になり 
観光資源が少ないヨルダンのアンマンではその「情報ノート」を
元にサーメルさんに遠くから会いに行く旅人は少なくない
サーメルさん

7年前に僕は彼のいる宿に泊まり会っているが再会を兼ねて今回も会いに行った。
彼は7年前に働いていたゲストハウスから移り変わり他のゲストハウスにいた。

しかも日本人の素敵な女性と結婚していたのだ!  んーなかなかやるなー・・・・・

彼が働いている宿が変わると日本人の旅人は彼の働いている宿に集まる

ただ 結婚したのでもうすぐ奥さんと日本に移り住むとのこと

日本で彼の夢でもある暖かいゲストハウスを作ってもらいたいですね

僕は彼に「日本に行ったらなにがしたい?」と尋ねたところ

彼は「まず日本語を勉強しながら彼女の両親の手伝いをしたい」と心温まる返答だ。

日本の文化や習慣に少しでも早く慣れなにかに貢献をしたいという彼の気持ちが伝わってきた。

異文化や生活習慣の違いはあるけれど、彼ならアンマンで築き上げたすばらしい人間関係を
日本でも築き上げる事が出来るのだろう。

きっとサーメルさんならうまくやっていくでしょう

素敵な家庭を築いてください  お幸せに!!

そして いつかまた 会いに行きますね。
スポンサーサイト

アンマン

2009年05月03日 19:25

アンマン城から見たアンマンの町並み
アンマン町並み

ここアンマンには世界1の高さを誇るヨルダン国旗があります。
結構遠くから見た為、私たち日本人5人は
「そんなに大きい??」「もっと大きいと思ってた」・・・などなど勝手な事を言い合うものの、
近くで見た人の話だと、びっくりするくらいに大きいらしい。
ヨルダン国旗

ただこの国旗 ギネス申請したが 旗竿は記録の対象外として却下されたらしい。

死海で浮遊体験

2009年05月01日 20:40

海の中でプカプカと浮かぶ人が新聞を読んでいる写真は有名ですね
死海1

通常の海の約10倍の塩分を含む高濃度の海水で
決して生物は住む事のできない海としてつけられた名前 「死海」です  

最近ではこの高濃度の塩分やミネラルなどの成分を利用して死海の泥パックも注目されている

アンマンの宿で旅人を8人集めタクシーをチャーターして市内から走らせる事1時間
今回の目的地 死海に到着

女性陣は「お肌に良い」ときくと到着するやいなや競って入水&泥パック
死海2

女性陣の「美」に対する 猛烈かつ執着したその姿は決して「美」とはかけ離れ表現し難いものだ^^


浮遊体験&泥パックを体験しそれぞれ(女性陣)が自分のつるつるお肌を無言で確認しながら
ウキウキ気分で帰路につく僕ら!???(女性陣)であった
死海3

インディージョーンズ2

2009年04月30日 23:27

先日に引き続き今日もぺトラ遺跡!

ぺトラ遺跡は広大な砂漠地帯に建てられた遺跡郡の為、らくだやロバに乗って遺跡を見て周ることも出来ます。
僕達が遺跡間を歩いていると、「タクシーを使ったらどうだ?」とよく声をかけられる。
一瞬「タクシー??」と思うが、それはらくだやロバに乗らないか?ということらしい。

らくだ使い
らくだ使い

ドンキー使い
ドンキー使い

大きく切り立った岩盤の隙間を歩いていると、
馬のひづめの音が聞こえ振り返ると岩影から猛スピードで馬車が通り抜ける。

この姿もなかなかの迫力で なにか映画の世界に迷い込んだように思わせてくれる。
馬車

最初に見た遺跡エルハズネから乾燥した砂漠地帯を歩く事15分、
ぺトラ遺跡は歩いている間も円形劇場や赤色に重なる神秘的な地層などで随所に僕達をを楽しませてくれる。

そして次に現れたのが巨大遺跡 エドディルだ。これは高さ45M 幅50M の修道院で
ここぺトラ遺跡郡の中で最大の遺跡です
モナストリー

広大な砂漠の中に大きく力強くそびえ建つその姿は決して陥落することのない巨大な要塞のようにエネルギーを放っている。
先日紹介したインディージョーンズの映画の舞台になったエルハズネとはまた違った雰囲気を感じる。

ここを過ぎるとビューポイントが待っている。
この場所の名前は「End of the world」 そう「世界の終わり」だ

フェンスも何もない高さ数百メートルの断崖絶壁に立ったその瞬間はやはり僕の足元を振るわせた

日本だったらありえない環境だ あくまでも自己責任で見学しろということなのだろう 

ビューポイント
断崖絶壁で少しびびりぎみのYASU
びびりやす

ヨルダン屈指の観光地
ぺトラ遺跡は本当に見所満載だ。

インディージョーンズ

2009年04月27日 14:09

ぺトラ遺跡行って来ました!!

映画インディージョーンズ「最後の聖戦」の舞台になったことでも有名な
大きな砂岩をくり抜いた遺跡です。
そこに到着するのには 大きな岩盤の隙間を通り抜け 
ぺトラ入り口

ぺトラ入り口2

歩くこと数10分 突然視界が開けたその場所は
高さ40メートル以上もある 巨大遺跡 エルハズネだ。
エルハズネ

エルハズネ2

エルハズネ3

突然開かれた視界に現れたその姿はまさしく難攻不落の秘密の要塞といった感じだ。
本当にその大きさに圧倒される。
太陽の光によって照らされたその遺跡は時間によっていくつもの顔を僕らに見せてくれた。

まだまだ見所沢山のぺトラ遺跡 
                                   =次回に続く=



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。