スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネパールの結婚式

2008年12月13日 19:44

今日はとても天気がよくポカラの街から ヒマラヤ山脈がとてもきれいに見えました。
IMG_8830.jpg

私達は散歩の途中 湖のほとりの広場で ドレスアップした沢山の人だかりを見つけ、
行ってみると、沢山の結婚式が行われていました。
IMG_8853.jpg

私達も結婚式を覗いてみると・・・

悲しそうな顔をした花嫁が・・・????

5組の式があったがそのうち3人の花嫁は悲しそう・・・??
IMG_8386.jpg

家族との別れに感傷的になっているのだろうか?

参列していた1人の男性に直接話を聞いてみたところ、びっくりな回答が返ってきた。

なんと現在 ネパールの80%は 親同士が決めた結婚で、
この結婚式の花嫁は、お互いが顔を合わせるのは 今日が始めてとの事だった。

それを聞いて あの悲しそうな顔の理由が理解出来た。

そして大体の女性が18~22歳で結婚し、その上カースト(ヒンズー教の階級)制度がある為
結婚出来る人も限られているらしい。

学校帰りに若い男女が手をつないで歩いているのを街中で時々見かけたが、
ここネパールで未だに自由な結婚が許されてない現状に驚いた。

今にも泣き出しそうな顔をしている その花嫁達が、幸せになって欲しいなぁと思う^^


私達はある一方ですごく幸せそうな花嫁を見つけた。
IMG_8872.jpg


私達は
「すごくきれいだよ。そしてすごく幸せそうだね!!」と声を掛けると
彼女は
「ありがとう。もちろん幸せよ!!」と笑顔で答えた。

彼女は25歳だった。
あの幸せいっぱいの笑顔からすると、もしかすると彼女は恋愛結婚なのかなぁと思った^^

彼女の最高の笑顔を見た時、
ネパールでも自由な恋愛や自分の意志での結婚が出来るようになるといいなと思った。



スポンサーサイト

ミニトレッキング

2008年11月30日 19:44


カトマンズから東にバスで約1時間30分の小さな町ドゥリケルにいってきました。
そこからの景色はヒマラヤ山脈が一望でき、空気もきれいで、
騒がしいカトマンズとは違いすごく静かな小さな町。

そこから山を越えた隣の村パナウティまでの ミニトレッキング。
それが私達の今回の目的


私達はドゥリケルのバス停から、歩くこと40分くらいの食堂もないような、
小さな村のゲストハウスに宿泊。
そこの村はチベットからの移民の人々が住んでいてヒンズー教ではなく
チベット仏教を信仰している

そこの家族が 本当に温かく、私達を村中の家々に挨拶に連れて行ってくれたり、
村の小さい寺や大きいみかんの木の紹介など、村中を案内してくれました。

そして夜はみんなで太鼓を叩き、歌を唄ったり踊ったり・・・・・

とても楽しいウルルン体験してきました!!

IMGP1093.jpg

インドビザ取得!!

2008年11月24日 23:01

インドビザ取得の為インド大使館に行ってきました。
インド大使館がAM9:30に開くとの情報を得た私達はAM9:50にインド大使館に到着。

すると、なんと100人くらいの人だかりが・・・

受付で53番の番号を取り 結構待つのかなぁ??と思いながら・・・

待つ 待つ 待つ・・・

なんと2~3分で終わる ビザ取得の為のテレックス申請のために
私達は5時間待った。。。

なんなんだ?!このシステムは??

どう考えても効率が悪い><

しかもインドビザ取得の為には合計3回インド大使館に行かなくてはならない。
あと2回もただ待つのかと思うと気が遠くなる。

2回目の訪問の時は、1回目の訪問に懲りた私達はAM9:30に受付開始のところAM8:00にインド大使館に到着。
それでも、もう30人くらいの行列が出来ていた。

だいぶイライラの私達だったが、なんとか3回のインド大使館訪問に耐え、
無事インドビザ取得しました^^

 感想「さすが  インド・・・・」

カトマンズ到着

2008年11月22日 22:59

旅人の街 カトマンズ タメル地区 到着!!
タメル

ここタメル地区は安いホテルが沢山ありバックパッカーの集まる街。
世界各国の料理が食べる事が出来て、旅に必要な物もほとんどが揃う。
私達はここでしばらくのんびりして、そしてインドに向かう予定です。

私達は2人とも以前にネパールを訪れた事があるのだが、
ネパールはほとんど変わっていなく、昔と同じようにネパール人はやさしく温かく、
ほっとしてます^^

一つびっくりしたのが、ネパールは(カトマンズの状況しかまだわかっていないが・・・)
1日に1回から2回 2~3時間の停電があり、
しかも曜日によって 停電の時間が違い 停電のスケジュール表がある。
 
※ネパールは水力発電の割合が大きい為、乾季この時期は停電があるらしい。
以前訪れた時は雨季だった為、停電がなかったらしい。

2008年の今 ここネパールの首都 カトマンズで こんなに不便な事があるのに
少しびっくりしました。。。

ネパール入国!!

2008年11月21日 19:44

この旅2ヶ国目 ネパール入国しました!!

国境を越えて ネパール側に入ったとたん 
空気(匂い)そして顔つきが 全然違う!!

小さな田舎町が好きな 私達は 国境から4キロ離れたところにある、タトパニという村を訪れました。
タトパニとはチベット語で温泉や熱いお湯という意味らしくその名の通り、温泉のある町。

タトパニ

町のなかを歩くと みんな ”ナマステ”(ヒンズー語でこんにちは)と声を掛けてくれる、
とても人なつっこい のどかな田舎町。

温泉に行ってみると沢山のネパール人であふれかえっていた。
男女別の温泉は    1人 10ルピー[約12.3円]
              貸切風呂 1人 50ルピー[約61.5円]

ただし これはネパール人料金で外国人は倍の100ルピー(貸切風呂)。。。

納得のいかない私達は早速 交渉開始!!

敷地内のレストランのオーナーが私達の交渉に一緒に参加してくれて、
なんとかネパール人料金で温泉に入る事が出来ました。

どうやらネパールはいたるところに 外国人料金が設定してあるらしい。。。
ネパールを旅行させてもらう外国人としてはしかたない気もするが、
でも私達は観光ビザ代払ってる!!
んーーーーー、しかたないのかなぁーーーー。

こんなやり取りがあったものの、
温泉は想像していた以上に気持ちよく、チベット越えして来た私達へのごほうびのようでした。

ここでしっかり旅の疲れと汚れを落として、明日カトマンズ(首都)に向かいます!!


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。