スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エストニアで自宅に招待

2009年07月31日 05:16

川邊さんの秘書のエリアさんが娘さんと一緒にドライブに誘ってくれました。
エリアさんと娘さん
エリアさん

バルト海沿いを車でドライブしながら、私達はエストニアについて沢山質問。

独立する前のロシア時代と大きく変わった事、それは「自由」だそうだ。
自由に車を持って、すきな時にどこにでも行ける。
海外旅行も出来る。そして、国自体が明るくなったとエリアさんは語ってくれた。

また4年前に日本に旅行した事があるエリアさん達に日本はどうだったと聞くと、
「とても美しかった」との答え。そしてびっくりした事は
・人の多さ
・日本人はきれい好きなこと
・畳の部屋での座椅子 (足はどこに置くのか?と迷ったらしい)
・トイレのウォッシュレット

日本にいると当たり前の事がやはり外国人には新鮮に感じる事を改めて感じた。


外国人が自分の国話をする時、殆どの人が
「俺の国はきれいなんだ。是非行くべきだよ!!ご飯も美味しいよ!!」などと絶賛する。
その点日本人は「京都はきれいだよ。でも東京は人が多すぎる・・・」とか
「日本は物価が高い国だよ」とか結構控えめな発言が多い気がする。
だからといって、日本人は日本を嫌いなわけではない。
もっと自信持って「日本はここがすごいんだ!!きれいなんだ!!是非旅行するべきだ」
「日本に行ったら日本のここを観て」と言うべきだと思う。

ドライブの後エリアさんの自宅に招待してもらい、家の中を案内された後
テーブルについた。
エストニア料理だよと言って出されたもの、それは
ケーキ

ん!??? ケーキの上にサーモンがのってる・・・
これ食べれるかなぁ??と不安に感じながら恐る恐る「これケーキ?」と聞くと
エリアさんと娘さんは笑いながら「ちがうよ、サンドウィッチだよ」

なーんだぁ 安心して一口食べてみると、“おいしいっ”
日本にはない味だけど、サーモンの刺身とパンがうまく調和していて 上品なサンドウィッチだった。

地元の人と話さないと、食べる事の無かった物 それが旅行では沢山ある。
食べ物一つにとっても地元の人とのコミュニケーションで幅が広がっていく。
やはり旅での『人との出会い』はとても楽しい。
スポンサーサイト

偶然の再会

2009年07月29日 06:11

以前モルドバのブログで書いたのだが、私達がエストニアに来た理由 
それは エストニア在住の日本人実業家 川邊さんに出会ったからだ。

いざエストニアについて、宿に荷物をおろしエストニアの首都タリンを散歩していると、
・・・びっくり!!!こんな偶然って!!
なんと川邊さんに 道でばったり再会した!!まさかモルドバ、そしてここタリンと2度も偶然会うなんて、これには明らかに何かの縁を感じた。

お茶に誘って頂き、色々な話をしていて知ったのだが、
川邊さんはエストニアでは知らない人がいないほどの有名人だった。
地元の新聞にも何度も掲載されている。

彼は「これからの時代はエストニアだ」と思い 無一文でエストニアに来て
日本で彼のビジネスに興味を持って投資してくれた人からのお金を元に、土地を買って
成功を収めたとのことだった。
しかもエストニアに来た当初 たった1人の女性の名刺しかもっておらず、
その名刺を頼りに、人脈を広げていき、そしてビジネスもどんどん成功していった。

彼のエストニアで成功するまでの道のりを聞いて、私達はなにか自分達にも出来る事はないだろうか?
私達がこれからビジネスをしていく上で 何が必要だろうか? 色々な事を語り合うきっかけとなり、
そして何かに挑戦してみたいという気持ちがどんどん大きくなっていった。

そして偶然は続くもので、
私達がエストニアに来た日は なんと5年に1度のエストニア歌と踊りの祭典だった。
本当についてる^^
エストニアの町並み
エストニア町並み1

エストニア町並み2

エストニア町並み3

エストニア町並み4

民族衣装をきた人達
民族衣装1

民族衣装2

民族衣装3

民族衣装4

町中にエストニアの民族衣装をきた人たちがいて、オールドタウンの中は 絵本の中にいるようだ。
お祭りのテンションも加わってか、みんな何してても楽しそうで、私達まで楽しくなってくる^^

もう一つエストニアで楽しみにしていた事、それは白夜
夜10時でもこんなに明るいんです
夜10時

夜12時30にやっと夜景
エストニア夜景

夜中1時30にはもううっすら明るくなってくる
夜中1時

そしてこの国、人が親切。旅行会社に行っても、マクドナルドに行っても、どこに行っても
最後に一声掛けてくれる。「楽しい休日を」や「旅行無事出来るように祈ってるよ」だったり、
「またいつでも来てね」この一言で気分がぜんぜん違う。
また来たいなと思わせてくれるし、居心地がいい国だなぁと思える。

ヨーロッパに入りアジア人であることへの差別や、完全によそ者的な感覚を受ける事が、時々あったが
この国ではそれを殆ど感じなかった。
もちろんそこに住んで、もっと深く知れば そういう部分も見えてくるかも知れない。
ただ私達が滞在している間には一度もその感覚を受けなかった。
その心地よさも加わってか、私達はここエストニアに1週間も滞在した。
エストニアに来るまでは エストニアってどこ?ロシアから独立した暗いイメージの国、
と思っていたが いい意味で予想を裏切ってくれた。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。