スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またも刺身に舌鼓

2010年02月28日 19:51

港町のプエルトモンはもちろん魚介類が豊富。早速市場に出かけてみました。

ありました!!チリと言ったらなんと言ってもサーモン。
ビーニャデルマルで飽きるほど食べたはずなのに、決して飽きる事はないようです^^
刺身1


市場のお兄さんは 日本人がよく来るのか「さしみぃ~、すぅしぃ」「ありがとう」
片言の日本語で話しかけてくれる。
刺身3

このチリ人の陽気さやっぱり好きです



重さを量って会計
刺身2

今日はなんと奮発してあわびも購入!!
 ※後で聞いたのだがあわびに似ているけど、フジツボだったのかも・・・
  ただ日本でも満足にあわびを食べた事のない私は、これがあわびだろうがフジツボだろうが
  とにかく美味しいって事だけで大満足でした^^
刺身4

刺身k5


刺身だけでお腹いっぱいにするという贅沢な食事を摂っても、4人でシェアして1人約350円。

チリでは胃袋が完全に満たされました^^




今泊まってる宿のスタッフ達も毎日お昼はサーモンや貝の贅沢なランチ。

まだ若いお母さんとお父さんが経営している宿なのですが、彼らは食事を作りながら
話をしたり、休んだり、途中でお茶したり・・・と2時間以上もかけて食事を作る。

そして食事が出来上がると、またしても会話を楽しみながら、時にはワイン片手に
ゆっくりと1時間以上かけて食事をする。


この光景を見ていると、チリ人はお金がある訳ではないけど豊かな生活をしているなぁと感じる。
 ※もちろんお金持ちの方も沢山いるとは思いますがっ。


今の私は時間に追われていないのに、それでも昔から染み付いた癖なのかどうしてもテキパキと
物事を片付けないと、時間を無駄にしてしまった気になる事がある。

もちろん毎日とは言わないものの、たまにはチリ人のような 時間の使い方の日があったら
もっと心に余裕を持てる気がしました。


最後にとってもキュートな宿の子供
刺身6

きっとこの子もこの優雅な時間の流れのなかで、素敵に育っていくんだろうな^^




ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします
スポンサーサイト

生活感溢れる町 プエルトモン

2010年02月26日 20:43

サンチアゴからバスで南へ約15時間 港町プエルトモンに到着。
プエルトモン1

この町決してお洒落とは言えないけど、この生活感溢れる感じ 好きです^^

こんなに必要ないでしょ ってくらいに沢山スーパーがあり、その周りにも露店のフルーツ屋やら
パン屋が所狭しと立ち並んでいる。 
プエルトモン2


私達はなぜかプエルトモンの様な 何にもないけど、生活感のある素朴な町が好きだ。
出会った旅人にどこの町が好きですか?と質問された時にすぐに

「○○○が好き」とは言えるものの、

「何が良かったんですか?」と聞かれると、答えに困ってしまう。

なんとなく雰囲気が良くて、人との距離感が心地よく、特に何を見た訳でもないのに楽しかった。
こんな理由じゃオススメされても、さっぱり魅力を感じないですよね・・・



毎日必ず同じ場所で同じ格好で町の人を見守る犬がいたり
プエルト3


見所が無さ過ぎてか、看板がかっこよく見えたり
プエルト4

窓からの光が優しく包んでくれる
プエルト5


何にも無いように見えるプエルトモンだけど、何かほっとする要素が沢山あるんです。



ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします

住んでみたい国 チリ

2010年02月24日 19:14

毎日刺身三昧の汐見荘を出発した私達は、バスで約2時間 チリの首都サンチアゴに到着。
ビーニャデルマルからたったの2時間しか離れていないのに、サンチアゴはとにかく暑い。
ただ座っているだけでも、汗が噴き出してくる。


こんな土地は無理に動き回っても体力消耗するだけ、って事で結局行ったのはスーパーマーケット。
サンチアゴ1


やはりチリくらいになると、スーパーも近代的。
おかしな話ですが、久しぶりに 物が揃っていて、値段もしっかり表示してあり、
そして綺麗なスーパーに来ると、かなりテンション上がります。


日本にいたら当たり前だから なんとも思わないのに、旅中の久しぶりの大きいスーパーは
ある意味 観光名所並みの存在です!! 
サンチアゴ2


ここサンチアゴではスーパーの他は宿の周りを散歩した以外何もしてないのですが、
チリに住んでみたいと思える程居心地がいいです。
なんと言っても チリ人は人懐っこく、一緒にいるとこっちまで元気になりそう^^


気候が日本に似ていて、海産物も美味しい。そして人は飾らなく自然体で、時間を贅沢に使ってるそんな空気が漂う国。
住んだら楽しいだろうなぁ。




ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします

チリと言ったら汐見荘!?

2010年02月22日 20:18

チリで最初に訪れた場所は、首都サンチアゴからバスで約2時間のビーニャ・デルマル

ここには有名日本人宿“汐見荘”がある。

12年前にヤスサンが南米を旅した時から、ここ汐見荘は 抜群に居心地のいい宿として
知られていたそうだ。


正直この宿、近くに有名な見所もなければ 大きなスーパーも、レストランさえ殆ど無い閑静な住宅街だ。


それでも人気の理由 それは近くに魚市場があり、
そこで魚や貝を買って毎日刺身三昧 の贅沢な日々を過ごせる事だ。

チリを訪れる日本人旅行者は殆ど、ここビーニャデルマルを訪れている。
見所があるわけではないのに、首都のサンチアゴを通り抜けビーニャデルマルに泊まりに来る流れを
作り上げた汐見荘 本当にすごい!!


もちろん私達も魚三昧 それが目当てで、この土地を訪れました^^

朝早起きして市場へ向かうと、
しおみ1

汐見2

汐見3


安いっ!!あれもこれもとどんどん買ってしまいたくなる。

今日は6キロのサーモンを1匹と鯵5匹 お買い上げ!!

サーモンの刺身とアラ汁と、鯵の刺身とたたき これだけ贅沢に食べても8人でシェアしたら、
1人 230円


汐見荘に旅人が長居してしまう理由が解ります^^
汐見4

汐見」5

汐見6



日本でサーモン丸ごと1匹なんて買ったこと無いから、サーモンのさばき方なんて解らなかったけど、
この宿でしっかり習得です。

ただ・・・日本では高くて丸ごと一匹なんて買えないけどね><



ここでしっかり日本食充電を満タンにしたら、次の土地に進む事にします^^



ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします

ガラッと変わる国境

2010年02月21日 20:03

ウユニ塩湖ツアーを終え ボリビアとチリの国境にやってきました。


ボリビアの入国審査を終え、次はチリの入国審査、、、、

あれっ、あれっ、あまりにも衝撃的に 建物も人種も 車も 何もかも変わった。
ボリビアには失礼だが、全てが綺麗に見える。



国境という一本の線だけでこんなにも変わってしまう事がなんとも不思議だ。



これからは物価も一気に上がる為、のんびりは出来なくなるが
何か文化的な生活が送れそうで楽しみだ。



ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。