スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色のある風景

2010年10月24日 18:20

私がインドを好きな理由。それは・・・
インドには“色”がある事


眩しい程に鮮やかな光景が、「あぁ、今私はインドにいるんだあぁ」と感じさせてくれる。
1IMG_0761.jpg

2IMG_0812.jpg


たぶんインド人は、計算してこの配色を実現している訳では無いと思いますが
いい感じにまとまってるんですよ^^
3IMG_0375.jpg

4img.jpg

6IMG_0452.jpg


そして最後にガンジス河のガート(階段)に干されたサリー(インド女性の衣装)
7IMG_1824.jpg


この写真を見ただけで、私の心はすぐにインドに飛んでいく。
インドを去る前の日やはり最後に見たいのはこの光景だった。

インド最後の日、何にもせずに ただガンジス河を眺めて
またしてもインドの魅力にとり付かれている自分に気づかされました。


ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします
スポンサーサイト

人・人・人・・・人酔いしそうです

2010年10月22日 16:07

インドは人口が世界で2番目に多い国。
確かに中国も人口は多いのですが、まだ人と人との距離があります。それに対してインドは・・・
とにかく密集度が高すぎるっ。
IMG_1759.jpg

IMG_1720.jpg


あのいつも混雑しているディズーニーランドだってインド人が行ったら、
「今日はすいてるなぁ~」と思うはず

インドにお邪魔させてもらってる身で、とやかく言うのはどうかと思いますが、この人の多さは尋常じゃないです。


電車やバスの中でもいつも人口密度の濃さに慣れてるインド人達は平気で私の太ももの上に重なってるんじゃないの?と言いたくなるほどぴったりくっついて座ってくる。

※注意 決して男性が女性の隣にぴったり座ってくる事はありません!!
    もしあなた(女性)の隣にインド男性がぴったり座ってきたら、それはインドでは立派な痴漢です!!


そして今はヒンズー教の神様 シバのお祭り?儀式?があるらしく全身オレンジの衣装で巡礼をする
シバ派の人達で、ここバラナシは埋め尽くされてます
IMG_0920.jpg


ただでさえ人ごみが嫌いなのに、とんでもない時期にバラナシに来てしまったみたいです。

神聖さのかけらもない・・・

そしてこのオレンジ軍団 何日もかけ、何十キロも歩いて巡礼をするんです。
インド人のこの信仰心すばらしい。
でもそのエネルギーをもっと違う事に向けたら・・・きっとインドの未来は明るいはずですっ!!


ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします

子供もポジティブ インド人

2010年10月20日 17:01

インドの学校にお邪魔してきました。

真剣に勉強する子供達の姿が微笑ましい^^
IMG_0241.jpg

IMG_0245.jpg


机もノートもボロボロだけど、それでもみんな本当に楽しそうに勉強してます。

この光景を子供の頃に見てたら、私ももっと真剣にそして楽しんで勉強したのかな??
あんなに恵まれた環境の日本の学校で学んだのに、勉強大好き!!なんて思った事なかったなぁ。

あんまり恵まれてると、ありがたさに気づかなくなっちゃうものですよね。。。
IMG_1345.jpg

IMG_0237.jpg

IMG_1420.jpg


まぁインドの場合、真剣に先生の話聞いてる子の教科書を見ると、ぜんぜん違うページだったりするんですけどね

それでも「今日の授業はどうだった?」と聞くと

自信満々に「バッチリだよ」との答えが返って来る。


インド人は大人だけじゃなく、子供も相当なポジティブですっ。


今後も機会があればまた学校訪問してみたいと思います。


ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします

バラナシで出会った子供達

2010年10月02日 17:51

バラナシの町には 洋服だってお世辞にも綺麗とは言えないのに、輝いている子供達が沢山いる。
IMG_1340.jpg


1日1日を楽しんで生きてるのが伝わってくる。
IMG_1009.jpg

IMG_1297.jpg


彼らと一緒になって遊んで、お腹の中から大声で笑い
IMG_1242.jpg

IMG_1435.jpg

何にもしていないのに、なにか心が満たされて 大満足で1日を終える。

こんな1日の過ごし方もたまにはいいな^^


ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします

イスラム教女性は買い物好き!?

2010年09月30日 16:51

バラナシのイスラム地区ではバラナシシルクの工場が沢山ありました。
IMG_1039.jpg

IMG_1220.jpg


細かい作業が施された色鮮やかなシルクは、1枚を織るのにも相当な時間がかかるそうです。


このシルク工場は、イスラム教地区だけあって 作業者は全て男性。
イスラム教徒は女性は外に出ずに家の中で家事をして、男性が外で働くのが一般的です。


「男性は女性を守る」この考え方は素敵ですが・・・女性の働く権利はあるのだろうか??


    現代社会で自由に生きてきた私にとっては、ちょっとツライかも><



でもそのかわり??女性にとってはありがたいイスラム教の教えもあるんです


“女性は自分の欲しい物を好きなだけ買い物していい”



ホントかなぁ~~~??と疑ってしまいますが、イスラム教徒に聞いたら本当に
コーラン(イスラム教の聖書)に書いてあると言っていました。



まぁ町中で、黒のベールを頭から被ったイスラム教徒の女性達が買い物をしている姿を見れば
この教えは本当だと気づかされます。


彼女達は驚く程沢山の買い物袋をぶら下げて、買い物しまくりです(笑)


どこの国に行っても、イスラム教の女性の すさまじい量の買い物をしている光景を目にするので
きっとこの教えは本物のはずです。




イスラム教男性達は大変だろうなぁ。。。




シルク工場の近くにいたイスラム教の少年
IMG_1204.jpg



少しヒンズー教のインド人とは顔つきが違います。


そして彼も・・・将来・・・奥さんの買い物に頭を悩ませる時が来るのかもしれません(笑)


ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。