スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペンション園田の過ごし方

2010年03月31日 21:01

ペンション園田のあるイグアス移住区にはなんと農協がある。ここで日本食を買って、宿で自炊。
今日はそば!!そばなんて1年3ヶ月ぶりだ。
園田1


ヤスサンは毎日そばが食べたいと言い出す^^


宿には豆腐屋が昔ながらのスタイルで売りに来て、その日は宿のみんな揃って冷奴を食べる。
園田2


昼は宿のスタッフ達が、釣りに連れって行ってくれる

大自然の中を車で駆け抜け
園田3


着いた場所はまさしく昔の日本のようだ
園田4


魚も大量
園田5


ふと気づくと、ふくろうが私達をじ~っと観察している^^
園田5.5


そして夜はパラグアイ式バーベキュー
園田6


これでもか!!っって程の大量の肉を惜しみなく焼き
園田7


食べながら、夜中まで旅人達と語り合う。


新しい出会いと別れを毎日のように繰り返しながら、
園田8


それでも毎日同じように、何も変わらずに穏やかに過ぎていく。
この時間が想像以上に心地いい。


ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします
スポンサーサイト

差別の無い国

2010年03月29日 19:48

世界を旅して、いつの頃からだろう?
住んでみたいと思う土地があると、すぐに確認したくなってしまう事。

「ここには人種の差別はありますか?」


昔は考えた事もなかった。しかし今は一番に気になる事。

約1年半 世界を旅してきて、数える程だが やはり嫌な思いをした事がある。
それくらいから少しずつ自分がアジア人である事を、また世界の中で存在する人種差別について
考えてしまう事が多くなった。 日本に生活をしていて考える事やあからさまに体験をすることがない私にとっては
やはりここが大きな問題なのだろう



そこでパラグアイで差別について聞いてみると、

「パラグアイでは殆ど差別はないよ。逆に日本人がパラグアイに来てから、
野菜を今までよりも食べるようになり パラグアイ人の平均寿命が延びたから 日本人に感謝してる人もいるほどだよ」

こんな日本から遠く離れた場所で、意外だった。

確かに今でも 土地を持ってなく、日本人の経営する畑で働く貧しい農民達の中には、
「日本人が来たから私達の土地が無くなった。日本に帰れ。」
などと言う人はいる。

まぁこれに関しては、差別と言うよりは 例え人種が同じでも ありえる問題だと思う。


それにこれは本当に少数で、殆どの人は日本人に対して、悪い印象は持っていないので
パラグアイは居心地がいいと言っていた。
差別1


そう考えると、何もない中から自分達の土地を増やし、耕し、食物を植え、生産して
そして1つの地区を作り上げ、自分達の位置を確立した移住区の人達はすごいと思う。
差別2


「差別」なんだか考えると 悲しくなる言葉だが、実際自分はしていないのか?
そう思うと自信のない部分がある。

認めたくはないが、無意識に “日本という国で教育を受けている自分の方が上” 
こんな感覚を抱いてしまう時がある気がする。

つい差別を受けた事に関してはしっかり記憶しているのに、自分が人に及ぼす事に関しては
気づかないふりをしてしまう・・・


差別に関して、まずは自分の中をしっかり見てみようと思う。


そしてもう1つ移住区の人達に聞いた事
「ブラジルはここ以上に差別が無いよ。差別の無い国と言われてる程だからね」

次に訪れる予定の国、ブラジルがますます楽しみになった私でした。



ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします

パラグアイの中の日本

2010年03月27日 20:40

アルゼンチンの次はパラグアイ。正直 何か見所のある国ではないのだが、ここには日本人移住区がある。
しかもここはまだ移民が始まって間もない為、一世の方も多いとか。


そして数年前にこの移住区内に居心地のいい日本人宿「ペンション園田」が誕生した。
旅人はここで日本食をたらふく食べ、旅の疲れを癒し、次の土地へ進む それが旅のルートとなりつつある。

アルゼンチンから来た私達は 最初にバスがボロボロで驚かされる
日本1


そして見た目以上にバスは揺れる
日本2


ここは国境の町という事もあってか、所狭しと物が並べられ売られている。
このごちゃごちゃ感なんだか東南アジアみたいでなんだかホッとするんです^^
日本2.5


激しく揺られながらなんとか到着した日本人移住区は
日本3


赤土の田舎町で、なんだか雰囲気が私の大好きな東南アジアに似ている。



ペンション園田のあるイグアス移住区に到着すると、不思議な程にここだけ日本だ。
道路に立てられた看板や、店の看板も日本語だし、すれ違う人達から聞こえてくる会話も日本語。
農協に行けば、納豆・豆腐・そば・醤油・・・日本食が何でも手に入る。
日本4

日本5


自分が今どこにいるのか解らなくなってしまう程だ。


こんなのんびりした土地で、日本食にも不自由せず、言葉の問題もなく暮らせるなら、
イグアス移住区は住み心地いいだろうなぁ。なんて呑気な事を考えてしまう。


日本語がネイティブと変わらない程に堪能なペンション園田の人達に、
毎晩お酒を飲みながら移民当時の話を聞かせてもらったり、
釣りに連れて行ってもらい釣れた魚で料理したり・・・
日本7

日本6


なんだか夏休みに、田舎に遊びに行ったような感じだ。
こんな時間の過ごし方も落ち着くなぁ^^



ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします


タンゴに始まり、タンゴに終わる

2010年03月25日 20:31

ブエノスアイレス最終日、名残惜しさを感じながら町を散歩していると、
ここでもやはりタンゴを踊っている。
タンゴ1


大人の女性の魅力が発揮される踊りだけあって、ちょっとふっくらした感じのお姉さんが
なお更素敵に見えて しばらくの間見とれてしまいました。


その会場を後にした私は、
「タンゴはちょっとふっくらした年上の人の方が似合うのかなぁ?すごく綺麗だったよねぇ!!」
と興奮気味で話す。

ヤスサン「別にそんなの関係ないんじゃない。うまければ、綺麗に見えるでしょ」



次の会場へ
タンゴ2


あれっ、スタイル抜群 顔もとっても美人なお姉さんは やはり絵になります。
綺麗すぎて、なんだかHな雰囲気さえ感じないかも。

ヤスサン「やっぱりタンゴは綺麗な人がやると違うなー」
 
さっきと全く違う事言ってる・・・・・

やすさん本当に単純だなぁ~


素人意見はこれくらいにして、
ブエノスアイレスは 普段は違う世界のモノであるタンゴが身近にあり 誰でも手軽に楽しめます。
次来た時は、タンゴ習ってみたいな。



ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします

アルゼンチンと言ったら肉 肉 肉

2010年03月23日 20:24

ほぼ100パーセント旅人が言う事
「アルゼンチンに行ったらステーキ食べて」

これ正解です

なんとアルゼンチンではステーキ用の牛肉が2人分 600gで 約400円
もちろんもっと安い肉も沢山売ってるけど、肉屋のお兄さんのオススメの肉は大体これくらい。
抜群に美味しいです!!


海外の肉って言うと、どうしても硬くて脂肪の少ないアメリカンステーキのような肉を想像しますが、
ここアルゼンチンは違うんです!!
やわらかくて、臭みがなく、とにかく美味しい。
ステーキ1

肉好きのヤスサンは毎日 「夕飯はステーキにしよう」と言い続けている・・・
ステーキ1.5


まぁ日本に帰ったらめったに食べる事が出来ないんだから、飽きるほどステーキ食べよっかな^^


そしてアルゼンチンと言ったら肉の他に有名なのが、マテ茶
ステーキ3


このマテ茶用の容器にマテ茶の葉を入れ、お湯を注ぎ、
ボンビージャ(銀製のストローのようなもの)を使って吸って飲む飲み物。
ステーキ4

ステーキ5


このマテセットとお湯の入った水筒をアルゼンチン人は常に持ち歩くんです。
町を歩いていてもマテ茶を飲む光景がいたるところで見られる。

肉食で野菜をあまり食べないアルゼンチン人の平均寿命が長いのは、マテ茶のお陰なんて噂もあるほどだ。

実際に飲んでみると・・・苦いっ

そして熱いお湯をストローで飲むって・・・やけどするよ


これが正直な感想です。




という事であまりマテ茶を好きになれなかった私でしたが、ブエノスの宿であったアルゼンチン人に
マテ茶にはダイエット効果もある事を聞かされた。

んんっ??それなら飲むしかないでしょ


単純な私は早速 マイマテセットを購入。
毎日3度の食事の後には必ずマテタイムを過ごしてます。

ダイエット食品を売る会社は、私みたいな女子のおかげで成り立ってるんだろうな・・・


あぁぁ~早く結果出ないかなぁぁぁ~~~



ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします

お洒落な街 ブエノスアイレス!!

2010年03月21日 21:15

今日は骨董品市に出かけてみた。
骨董品なんて特別興味がある訳ではないのだけれど、なんだかこの町歩いているだけで楽しいから
つい色々なところへ散歩に出てしまう。
骨董1

骨董2

さっぱり価値の解らない私にとっては「誰が買うんだろう?」と思うような物ばかりですが、
見ている分には ポストカードを切り抜いたみたいで心地いいです^^
骨董3

骨董4


ブエノスアイレスの街は決して新しくはないし、特に飾っている部分が見える訳でもない。
ただ生活感と建物や雑貨がうまくまとまっていて、ヨーロッパにいるような気分にさせてくれます。
骨董5

骨董6

こんな中を歩いていると、普段はなんとも思わないような木漏れ日も
なんだかとっても優しく感じます^^
骨董7


ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします


タンゴ発祥の地 ボカ地区

2010年03月19日 20:05

タンゴ発祥の土地ボカ地区に出かけてみた。
ボカに到着すると、ここだけ異空間のように 建物はカラフルにペイントされ、
ボカ0

ボカ1

遊び心がいっぱいで
ボカ2


これマラドーナかな?
ボカ3


この中に程よくタンゴが溶け込んでいる
ボカ4

ここボカ地区ではカフェでお茶するだけで、フリーでタンゴが見れるお店も沢山
ボカ5

いざ間近で見てみると、あのエロ美しさ?(こんな下品な表現しか出来ないのか??私はっ)
目が離せなくなります。
ボカ6


ボカ地区は飾りすぎてなく統一感のある町で、歩いているだけで気分が盛り上がるような素敵な町でした。



ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします

宿選びの基準

2010年03月17日 21:18

ブエノスアイレスに到着して、空港から有名日本人宿「上野山荘別館」に電話をしてみると
いっぱいで泊まれないとの事だった。
しかたないので、町から遠いが安くて快適と言われている「ヴィクトリア2」という宿へ向かった。

到着してみると、宿のママが笑顔でお迎え^^
「なかなかいい感じの宿じゃない」なんていいながら、チェックインをした私達は荷物を置いて、
早速町歩きに出てみた。



私達は空港からまっすぐこの宿に向かった為、この宿が中心部からどれだけ遠いかを把握していなかった。

宿を出て歩く事30分・・・まだ着かない。

「ちょっとあの宿不便かも」

しかも私達はここブエノスアイレスでタイビザの申請やら、アメリカの国立公園の情報収集など
インターネットが必要になることが多い為、宿でネットが出来ないのもつらい。

こんな理由で明日宿を中心部に移る事に決めた私達だった。





しかしっ、
宿に帰ってみると 宿のママは「今日は何してきたの?」「ブエノスには○○があるからそこも行くといいよ」
「夕飯にこれ作ったんだけどちょっと食べてみる?」
「何か困った事あったら何でも言ってね」などと本当に親切で、しかも子供みたいに屈託の無い笑顔で笑うから
こっちまで自然と笑顔がこぼれてしまう。




部屋に戻り「どうする??明日宿移りづらいねぇ。ママになんて言おうか?」

やすさんと私はしばし沈黙。。。





夜になりテラスで涼んでいると、ママが
「そうそうっ、明日は私の誕生日なの!!ご馳走沢山あるから、一緒に楽しみましょ!!」

私達「そうなんだぁ!!それじゃあ明日楽しみにしてるよ!!」





・・・・これ完全にこの宿移れないね・・・・
まぁ不便だけど、ママの魅力に負けたよ^^


ここビクトリア2はこのママの人柄でどんどん人が集まって来るんだろうな。
私達にとって旅中の宿選びは いつもこんな感じだ。
確かに値段の割りに、立地や設備がいい宿っていうのも もちろん宿を選ぶ上で重要だが、
それ以上にそこにいる人の人柄が 私達の心をグッと掴んでくる。

そしてそんな宿は、大抵 素敵な宿泊者が集まって来る。
ここビクトリア2もその通りで、ママだけでなく宿泊者みんなも本当に家族のように温かい。

もちろん誕生会も 歌って踊って、飲んで食べて本当に楽しませてもらいました^^


誕生会の写真です

これがママ
誕生1

宿泊者のみんな
誕生2


歌って
誕生3


踊って
誕生4


結局私達はこの宿に6泊もしてしまいました^^
ママまた来るよ、ありがとう!!


ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします

旅の予定を決めるということ

2010年03月15日 20:08

ウシュアイアを充分に堪能した私達は次の土地ブエノスアイレスまでの交通手段を考えていた。
世界最南端の町ウシュアイアから首都のブエノスアイレスにいくにはバスで約48時間もかかる。
アルゼンチン広すぎる・・・
その上お値段もBigでなんと12,600円。



しかしこの距離飛行機を使うとたったの3時間、しかもお値段もは少し上乗せくらいで乗れる。

「それならもちろん飛行機でしょ!!」と言いたいところですが
今はハイシーズンの為、安い飛行機のチケットはほぼ売り切れ。

旅行会社で聞いたところ、最安値で280ドル(19,475円)
 
高すぎっ





でも実は・・・私達こうなる事をパタゴニアに入る前から気づいてました。

チリに滞在している時、これからパタゴニアに向かう旅人達と情報交換をして、ハイシーズの飛行機のチケットは
早めに買わないと、売り切れて高いチケットしかなくなるという事を聞いていたんです。
そこにいたケンちゃん夫妻はしっかり予定を立てて、航空券を 約150ドル(13,500円)で購入していた。


えっ??なんで私達は買わなかったか??


だっていつウシュアイアに到着出来るか?パタゴニアにどれくらい滞在したいか?
何にも決まってないし・・・

もしパタゴニアを本当に気に入って、しばらく滞在したいと思った時に飛行機のチケットを買っていたら
自由に予定を変更出来なくなるし、逆につまらないから出発を早める事も出来ない。


やすさんに言わせると
「自分で自由に気が向いた時に、好きな場所に行けないのは、
 羽を持たれた鳥みたいで、苦しくなる。」



こんな感じで結局 飛行機のチケットの事は考えずに ここウシュアイアまで到着した私達でした。



まぁだから280ドルって値段は解っていたはずなんですけどねぇ・・・

いざ購入の時になると、貧乏症の私は
「あぁぁ~高いなぁ~、早めに買えば安かったのになぁ~」なんてブツブツと小言を・・・

ふと振り返り ヤスサンを見てみると、
「飛行機のチケットあって良かった!!これで48時間のバスに乗らなくて済む。」
と上機嫌。


時間の自由を買ったと思えば安いのか??



旅をしていると、ついギリギリまでお金をセーブしたいと思ってしまう事がある。
もっと若かった頃なら「いかに安くあげるか」を楽しみにしても、それはそれでいい気がする。

ただ 今私はギリギリのお金で旅をしている訳でもないのだから、少しお金を多く払ってでも
気持ちよく旅をする、時間を贅沢に使う そんな感覚で旅をした方が楽しめる気がしています。

まぁそうは言っても、バックッパッカー根性なのか
“もっと安く”にこだわっちゃう時が結構あるんですけどねっ。
大人になりきれない自分なんです・・・




ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします

ウシュアイア名物?斜めの木

2010年03月13日 22:31

ウシュアイアは風が強い為 木が斜めに育つ。
この斜めの木が、ウシュアイアを訪れる旅人の間で話題になってるんです。

本来はレンタカーを借りて本物?の斜めの木に行くのですが、国際免許を持っていない私達は
宿から歩いていける方の斜めの木に行ってきました。


歩く事50分・・・ありました、斜めの木!!
斜め1


こんなポーズとってみたり、
斜め2


木に抱きついてみたり
斜め3


以外とはしゃいじゃいました^^

旅していると、日本では恥ずかしくてためらってしまうような事も平気で出来てしまう自分がいる。
“旅の恥はかき捨て”この言葉 本当にしっくりくるなぁ。




ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします

毎日の日課は散歩

2010年03月11日 21:11

ウシュアイアでの毎日の日課は散歩。
特に見所のある町ではない為、おばあちゃんと話をして、旅人達と話をして、、、
後は散歩と読書 それだけで充分満たされてます^^

こんなカワイイ家が立ち並び
散歩1


こっちはお土産物屋さん
散歩2


看板がとってもキュート
散歩3


恥ずかしがりやの女の子も、
散歩4


毎日顔をあわせるうちに、いつの間にか遠くからでも手を振ってくれるようになった。
散歩5


この素朴さがウシュアイアの魅力の1つかもしれない。



ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします

世界最南端の町 ウシュアイア

2010年03月09日 20:49

遂に世界最南端の町に到着です。

北半球にある日本に住む私の感覚だと、南に行けば行くほど南国の暖かいイメージだが、
ここ最南端のウシュアイアは夏なのに、ジャケットが必須です。


ウシュアイアに来た目的、それは上野山荘に泊まる為。
ここ上野山荘は最南端の町にある日本人宿で、87歳の綾子おばあちゃんが営む有名宿。
上野1

以前は旦那さんと2人でやっていたこの宿ですが、数年前に旦那さんが他界されてからは
おばあちゃん1人でやられているそうです。

上野2




12年前に南米に来ているやすさんは、今回の旅行で必ず上野山荘に泊まりたいと言っていた。
実際に宿に来てみて、上野山荘が旅人に愛される理由が解りました!!

綾子おばあちゃん素敵すぎます!!
色々な話を聞かせてもらいましたが、とにかくおばあちゃんの優しさが至るところににじみ出ていて、
なんだかホッとするんです。

到着したその日から上野山荘の、そして綾子おばあちゃんのとりこになった私達でした。

部屋も木のぬくもりに包まれた居心地の良い、どこか日本の山荘を思わせる部屋で
上野3

気の会うメンバーにも恵まれ、これから過ごす約1週間楽しみです



ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします

氷河トレッキング

2010年03月07日 20:25

パタゴニアで一番楽しみにしていたと言っても過言ではない、氷河トレッキング。
さっきまでは展望台や桟橋から眺めていた氷河を、自分の足で歩けるんです!!


まずは船に乗り湖を渡り氷河の近くまで行きます。



船から氷河を眺めている間、「今崩落したらどうしよう」と不安になるほど氷河が近く感じる。
とレンキング1

トレッキ2


ガイドの説明を受け
トレッキ3

氷の上を歩く為に靴にとがったアイゼンを履かせてもらい
トレッキ4

いよいよ氷河に足を踏み入れる
トレッキ5

トレッキ6

トレッキ7

説明不要の美しさです!!
トレッキ8


氷河制覇した!!そんな満足感に溢れてます!!
トレッキ9

こんなハードな場面も乗り越え
トレッキ10

   ・・・嘘です。この写真 ほぼ平らな氷河の上にピッケル突き刺し寝てるだけです・・・


最後はお決まりの氷河ウイスキー
トレッキ11

寒さも言葉も忘れて見とれてしまう そんな景色の連続でした。


ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします

遂に見ました!氷河!氷河!氷河!!

2010年03月05日 20:08

バリローチェから南へバスに揺られる事 約28時間エル・カラファテに到着。

それにしてもアルゼンチン大きすぎ。
アルゼンチンの最南端から最北端まではいったいバスで何時間かかるんだろう??
想像しただけで、気が遠くなる><

そしてそれに比例するようにパタゴニアはバス代やら宿代、入場料・・・お金が飛ぶように減っていきます><



ここエル・カラファテはロス・グラシアレス国立公園観光の起点となる町。

グラシアレスとはスペイン語で「氷河」の意味、この公園はまさしく氷河がメインの公園です。



公園内で最も有名なペリト・モレノ氷河 見えてきました!!
氷河1

大きさ、そして青白く輝く氷河の美しさに圧倒されます。
氷河2

氷河3

太陽が顔をだし、氷河を照らすと 青さがますます際立ち 息を呑む美しさです
氷河5

氷河4


私達が訪れた 夏の時期は氷河の崩落が良く見られるんです。
氷河の崩落を楽しみにしていた私でしたが、いざ崩落してみるとあまりの轟音と地響きに恐怖を覚える程でした。
氷河3.5


写真で見ていた氷河をいざ目の前にして、興奮して夢中で見ていた私だったが
充分に満喫して一息ついてみると、疑問が。

「あれっ、氷河ってなんで青いの?」
「どうやって出来るんだろ?」
「崩落ってどういう仕組み?」



自分の無知さに愕然としてしまう。
もちろんな~んとなくは解っている気がする。

あんなに氷河を楽しみにしていたのに、なんで今の今までちゃんと調べてないんだろう。

帰ったらちゃんと調べて、この美しさの理由をちゃんと理解しようと思いました。


      ・・・次回は氷河トレッキングです!!




※帰ってから調べました!!

①氷河はどうやって出来る?
 雪が降る→雪は上に積もる雪の重みで押しつぶされ粒同士が連結して密度や硬度を増していく→
 融解、再氷結を繰り返すと、さらに隙間がなくなり、気泡がつぶされ氷河氷の結晶になる
 パタゴニアの氷河は10年程度で完結する。
 


②氷河が青いのは?
 雪の結晶が溶けたものに圧力がかかって出来た氷河の氷は、気泡が少なく非常に透明度が高い。
 そのため、青い光だけを反射し、他の色は吸収してしまう。その為氷河が青く見える。


③氷河の崩落の仕組み
 まず氷河は高地から低地に向かって流れ下るもの。つまり氷河は移動している。
 そして移動し続けている氷河が融解、つまり氷が溶けてしまったり、氷河末端の分離により崩れる
 (これを氷河の消耗と呼ぶ)
 氷河が出来上がり、移動し、消耗する これが崩落の仕組み。


 

ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします

さすが南米のスイス!!

2010年03月03日 20:05

昨日のホテル探しに疲れ、これからのパタゴニアの旅に不安を覚えた私達でしたが、
翌朝町に出てみると、これだけ観光客で溢れかえる理由が解ります!!

本当に町全体が綺麗。さすが南米のスイスと言われるだけある!!


見てくださいこの景色!!
さすが1

さすが2

さすが3

さすが4

ここはチョコレートが有名らしく、宝石のようにディスプレイされたチョコレートが
街のあちらこちらに並んでいます。
さすが5

そして夕暮れ時も絵になります
さすが6

バリローチェは 植物の緑・空の青・湖の透明 そしてログハウスの木のぬくもり 
全てがいい感じに調和したなんだかとってもかわいらしい街でした。


ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします

甘く見てました、南米のスイス

2010年03月02日 20:58

パタゴニア地方に入り1箇所目はバリローチェ。
南米のスイスと言われるほど、美しい景色のある町。
甘く0

しかし私達 南米のスイス甘く見てました><
なんの計画も無しにバリローチェに降り立った私達は、次のカラファテ行きのバスを買いに窓口に向かうと
3日後まではすべて満席・・・こんなに混んでるとは思わなかった。

仕方なく3日後のバスチケットを購入して、セントロへ出てみる。


悲劇はここから・・・
探しても探してもホテルが見つからない。
どこも満室、殆どのホテルがドアに『満室』と張り紙がしてあり ドアベルを押しても対応もしてくれない。


このままじゃどうにもならないので、4人だった私達は女子2人が荷物番、男子2人が本格的にホテル探しに出かけた。
待つこと2時間ーーーー男性陣がいくら待っても帰ってこない。。。



まさか、今日野宿じゃないよねぇ??

不安になり始めた辺りで、ようやく戻ってきたヤスさん達は

「30件以上まわったけど、全て満室。でも1つだけホテルが1人70ペソ(1,680円)であった。」


はぁぁぁ~良かったぁ。
ちょっと予算オーバーだけどホテルにありつけただけでありがたい。


ハイシーズンのバリローチェは毎年こんな感じでホテルが見つからないバックパッカーで溢れているらしい。


ホテル探しを諦めた旅人達><
甘く1

夕食を食べにレストランに行った際も、ホテル探しに苦労した旅人に何人も会った。


これから先のパタゴニアの旅が少し不安になってきた1日でした。


ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。