スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラム教女性は買い物好き!?

2010年09月30日 16:51

バラナシのイスラム地区ではバラナシシルクの工場が沢山ありました。
IMG_1039.jpg

IMG_1220.jpg


細かい作業が施された色鮮やかなシルクは、1枚を織るのにも相当な時間がかかるそうです。


このシルク工場は、イスラム教地区だけあって 作業者は全て男性。
イスラム教徒は女性は外に出ずに家の中で家事をして、男性が外で働くのが一般的です。


「男性は女性を守る」この考え方は素敵ですが・・・女性の働く権利はあるのだろうか??


    現代社会で自由に生きてきた私にとっては、ちょっとツライかも><



でもそのかわり??女性にとってはありがたいイスラム教の教えもあるんです


“女性は自分の欲しい物を好きなだけ買い物していい”



ホントかなぁ~~~??と疑ってしまいますが、イスラム教徒に聞いたら本当に
コーラン(イスラム教の聖書)に書いてあると言っていました。



まぁ町中で、黒のベールを頭から被ったイスラム教徒の女性達が買い物をしている姿を見れば
この教えは本当だと気づかされます。


彼女達は驚く程沢山の買い物袋をぶら下げて、買い物しまくりです(笑)


どこの国に行っても、イスラム教の女性の すさまじい量の買い物をしている光景を目にするので
きっとこの教えは本物のはずです。




イスラム教男性達は大変だろうなぁ。。。




シルク工場の近くにいたイスラム教の少年
IMG_1204.jpg



少しヒンズー教のインド人とは顔つきが違います。


そして彼も・・・将来・・・奥さんの買い物に頭を悩ませる時が来るのかもしれません(笑)


ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします

スポンサーサイト

インドのゴミは無くならない

2010年09月25日 17:24

前々回のブログでバラナシは汚いと書きましたが、1つ訂正します!!

バラナシのなかのイスラム地区は、道にゴミも落ちてなく、牛の糞もないのでとっても綺麗です。



ヒンズー教徒に怒られるような発言ですが、明らかにイスラム地区に入った途端空気まで綺麗になったかの様な変化なんです。

ゴミ1

↑ゴミ1つ無いイスラム地区


↓ゴミが散乱しているだけでも大変なのに、その上 神様(牛)をむりやり押しのけてお店に入るしかないヒンズー教徒が住む地区。
1年1

ゴミ2


これじゃぁ宗教比較みたいで怒られそうですが、驚く程の変化です><



ヒンズー教徒の人に「何で道にゴミを捨てるの?」と聞いたら、


「ゴミを捨てなかったら、道のゴミを掃除する人の仕事が無くなって困るだろ」
と返事が返って来た。。。


まぁそれがインドの文化なら、外国人の私がとやかく言うことでは無いとは思いますが、

んん~~~~~っ、


そういうものなのかなぁ~~~><


これじゃぁ、インドのゴミはいつまで経っても道端から消える事は無さそうです。


ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします

これでも聖なる河なの??

2010年09月23日 18:55

ヒンズー教の聖地 ガンジス河には、神聖な空気の中 お祈りしている人がいて
洗濯1


そのすぐ上流で洗濯している少年がいる・・・
洗濯2

洗濯3


(カメラを向けると、洗濯なんか放り投げて ポーズを決めまくる辺りがなんか可愛らしい^^)




そのまままた2分程上流へ歩くと、今度は水牛が水浴び
洗濯4



この事実を知っていても、ヒンズー教徒の人達は熱心に毎日ガンジス河に浸りながら祈りを捧げる。



本当にその水 身体に悪くないの??



ヒンズー教徒の人達に怒られそうですが、やはり最初に思うのは


“この河に入ったら病気になる”




※実際にガンジス河に入って、病気にかかった旅行者は沢山います。
 でもなぜかインド人は病気にならないんですっ。




前にインド人に「ガンジス河ってコレラ菌を殺してしまう程、衛生的には良くないらしいよ。」
と言ったら、


「コレラ菌を殺す!!ガンジス河はなんてすばらしいんだ!!」と言われた。



「・・・・・・」



このインド人のポジティブさある意味すごい。





このポジティブ思考見習いたいな^^


でもっ、、、もちろん私はガンジス河には一切入りませんっ!!



そして私は毎日 祈りを捧げる人を見ると、神聖さよりも 
さすがインド人は免疫力が強いなぁと感じています。。。


ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします

聖なる土地の不思議な魅力

2010年09月21日 17:14

体調が回復し始めたので、少しバラナシの町を歩いてみた。



あれっ??


なんかこの町・・・・



来るたびに汚くなってる気がする><



雨季なので、神様の糞(牛の糞)と雨が混ざり合って、細い路地を流れ込んでくる。


その上道路にはゴミだらけ。




聖なる河ガンガーの流れる、神聖な土地とは思えない 汚さです。。。




それでも、いつ訪れてもガンガーは変わらずヒンズー教徒の聖地として参拝者が後をたたない。
IMG_1683.jpg

IMG_1759.jpg


到着してすぐは、あまりの汚さと人の多さに尻込みしてしまったのですが、
毎日ガンガーを眺めていると、不思議にそれらを忘れ、バラナシが落ち着く町に変わってしまうんです^^

これがインドの不思議な魅力なんですね。  またしてもハマってしまいそうです^^



ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします

信用出来ない人  インド人医師

2010年09月19日 17:30

昨日ほどひどい吐き気はないものの、体調は回復していないので
今日こそドクターに診断してもらう為に、また病院に向かいました。



ドクターは「昨日も君 来たんだってね」
なんて他人事のように言いながら 診察を始める  はずだった・・・




ドクターは「今日はどうしたの?」と聞きながら


なにやらカードを取り出す。




ドクター「この中から好きな数字を選びなさい。でもまだ私に教えちゃ駄目だよ」


私 ???これ治療??

  とにかく私は、好きな数字を1つ選ぶ



ドクター 何枚かのカードを私に見せて「この中に君の選んだ数字はあるかい?」と何度か質問を繰り返す





ドクターは4枚ほどカード見せた後に

自信ありげな顔で「君の選んだ数字は17でしょ!!」




私  そうだけど、なんで具合の悪い私に 医者がカードゲーム披露してるのよ。




よけい体調悪くなるよ><



呆れて物が言えない とはこういう事をいうんだなぁ と改めて学びましたっ。




やっぱり将来、インドにだけは住みたくない


※その後、大した診察もせず 薬を渡され 明日も来いと言われ、帰された私でした><



ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします

インドには住みたくないっ

2010年09月17日 18:27

インドに入国して約2週間、、、ついに体調を崩してしまった。


そうとう気をつけて食事をしていたのに・・・・雨季のインドの衛生状態は相当悪いみたいです。


ひどい嘔吐と下痢が同時に来たので、宿のオーナーに勧められ病院に行く事に。




体力の消耗した体を、ヤスサンに支えてもらいながら やっと病院にたどり着くと、



受付の人が「今はまだドクターがいないから、ちょっと待て」




はぁぁぁぁ??ここ病院でしょ???




なんで診療時間にドクターがいないのよ??






受付「とりあえず座って待ちなさい。ドクターはあと5分でくるよ」







待つこと40分・・・・








もちろんインド人の5分は信じていませんでした。



でも、、、40待ってから



「ドクターはまだ来ないのか?」と質問した私に



なんと病院の受付は





「あと5分でくる」





もう絶対にインド人の5分は信用しないと心に決めた





はっきり言って、患者を40分待たせたら 取り返しの付かない事になる場合もあるでしょ。






さすがに我慢の限界が来た私は、宿で教えてもらった もう1つの方の病院に行く事にした。



またしてもつらい身体をひきずりながら、なんとか別の病院に到着




病院に入ると受付の人が



「多分ドクターは5分くらいでくると思うよ」




・・・・ここもかっ





この病院もドクターが不在だった






絶対何があっても、これからの将来 インドにだけは住まない事を心に誓った一日でした。




結局この日は両病院ともドクターは現れず、薬局で薬を買い なんとかしのぎました><




ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします

あぁ~、残念っ

2010年09月15日 17:39

前々回のブログで紹介しましたが、ブッタガヤの周辺の村はのどかな農村地帯です
学校1

学校2



せっかくこんなに素敵な場所なのに、残念な事がっ><


ここの村には沢山の、外国からの寄付で成り立つ学校があり 村を歩いていると
「学校があるから見たいか?」「学校に見学にきなよ」と学校の先生や生徒から声をかけられます。


ただこれは親切心からではなく、外国人旅行者からの寄付が目的なんです。



何も知らない旅行者が、言われるままに学校を見学して、最後に訪問者ノートを見せられ

「見ろ。ここを訪れる外国人はみんなこんなに沢山寄付をしていくんだぞ。お前はいくら寄付するんだ」


そう言われて寄付をしないとは言えない状況を作られ、しぶしぶ寄付をする旅行者も増えています。




もちろん、お金目当てではなく ちゃんとした学校だけれども
貧しい国なので外国からの援助を必要としている学校もあります。


ただそういう学校は、決してこんなやり方で外国人旅行者からお金を巻き上げません!!




以前私も 学校見学の後に むりやり寄付をさせられそうになった事がありました。


まぁ、私が払える範囲で払って それが子供達の鉛筆やノートになるならいいかなと思い、
お金を渡そうとしたら、



なんと先生は



「ちゃんとこの訪問者ノートを見ろ!! 君以外の旅行者はこんなに沢山のお金を寄付してるんだぞ。
 それなのに君はこんなに少ししか寄付しないで恥ずかしくないのか!!」



と言い出した・・・・





「んっ!???ふざけるなっ!!」




頭に来てそのまま寄付せずに学校を出て来た事があります。





確かに私が寄付しようとした金額は日本で考えたらそんなに大金ではありませんでした。
でもインドでなら、子供達の鉛筆やノートを買うには充分な金額です。




しかも明らかに訪問者ノートの金額 後で0を付け足して、金額を増やしたようにしか見えません。



お金を持ってる外国人に援助してもらいたい気持ちは解ります。
でもだからと言って、このやり方はヒドイと思う。


「日本人はお金持ってるでしょ」確かにインド人からみればそう見えるはず。




でも日本人がどれだけ必死になって働いているか知らないでしょ。

日本人は日本では寝る暇も無いほど必死で働くし、日本で暮らしていくにはあなた達には想像
出来ない程沢山のお金だって必要だ。






簡単に「あなたは日本人だから」と言わないで欲しい


あなた達みたいに、楽して大金を手に入れようとしている人には想像出来ない程

日本人はがんばってるんです!!!




はぁぁ~すっきりした。



※ブログに書いてすっきりしただけで、決して直接インド人に言ってません。
 かなりの小心者なのでっ・・・



ブッタガヤにはこういう学校も沢山あるんですよね。せっかく素敵な場所なのに残念。


ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします

ポジティブなインド人

2010年09月13日 18:34

ブッタガヤの中心部から少し離れると、お世辞にも綺麗とは言えない集落が広がっている
集落1

集落2


ただそこに住む人達は、とても美しい


自分を無理に飾る事もなく
しゅうらく3


時には泣いて
集落4


またすぐ元気になる
集落5


インド人程ポジティブな人種を見たことが無い
集落6


彼らは一日一日を手抜きせずに、精一杯楽しんでいる



もちろん大変な事、悩み・・・色々あるとは思います。
でもそれを自分自身が忘れちゃってるんじゃない??(笑)と思えるほど、インド人は楽しく生きている。
集落7


なんと言ってもこれがインドの最大の魅力だと思う^^




ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします

インドとは思えないのどかな農村

2010年09月11日 17:29

ブッタガヤは自転車で15分ほど進むと、インドの騒がしさからは想像も出来ないような
のどかな農村地帯が広がってます。
田園1


そうっ、これこれ!!私達が求めていた場所は!!
田園2


こんなのどかな農村で、村の人達と会話しながら1日を過ごす。
田園3


これが私達が求める居心地のいい場所
田園4


インドの女性は農作業の時も 鮮やかなサリーを着るんです。
緑の中の女性の色鮮やかなサリーが美しく、毎日見ているインドの女性のサリー姿が
いつも以上に素敵に見えます^^
田園5

田園6


こんな農村地帯がある事を知り、一気にブッタガヤ気に入り
しばらくここに滞在する事に決定です。


ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします

インドで座禅

2010年09月09日 18:24

今日は初座禅の日

初めにお坊さんから、座禅のやり方の説明を受け
座禅1


心を無にして座る
座禅2


私の他にも日本人の旅人が、日本寺で座禅を組みに訪れていました
座禅3


初日の私の座禅の成果は・・・・




  妄想で終わりました(泣)



“今考えなくていいのに”って事が頭から離れず、最後の方は
まだ終わらないのかなぁ~?と思い時計を1分おきに確認する始末。。。




私は明らかに修行が足らないようです。




そしてヤスさんはと言うと、




初めから座禅を組む気すら無いみたいです。。。




座禅の時間になるといつの間にか、サッといなくなるんですっ。





「俺には必要ない」らしい





こんな私達ですが、これから2~3日 日本寺に通ってみることにしました。
どうなることやら。。。



ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします

インドにある日本のお寺

2010年09月07日 18:18

ブッタが悟りを開いた土地 ここブッタガヤにはチベット寺・ブータン寺・・・など
各国のお寺があります。

日本寺もあると聞き、早速行って来ました。
日本寺1


自分がインドにいる事を忘れそうな程、ここだけ日本です
日本寺2


ここでは、貧しい子供達が無料で通える学校も運営しています
日本寺3


日本寺4



その他にも無料の病院もあり、沢山の村の人達が治療を受けに来ています。



「日本ってすごいなぁ~」 なんて他人事のように感じながら、この施設の見学させてもらいました。
日本寺5


今回の旅で、数え切れない程沢山の 日本の援助で成り立つボランティア施設を見てきた。
本来ならお金が無い為に学校に通えない子供達が、日本の援助によって学校に通えて、
満足に治療を受ける事の出来ない人達が、無料で治療を受けて 元気になる。


そのサポートをしているのが「日本」

そう思うと、なんだか誇らしい。


世界中で日本が支援した施設を見て、嬉しくなる自分がいます^^



そして ここでは朝と夕方の2回座禅の時間があるらしく、私も座禅に参加しようと思ってます。
明日からは座禅を組んで、ちょっと心を清めてきます!!



ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします

Noと言わないインド人

2010年09月05日 19:22

ブッタガヤでレンタル自転車を借りに行った際、



「今は1台しかないから あと30分後に来てくれ」とスタッフに言われた。



朝食をとりながら待つ事30分  もう一度自転車屋に行くと、



「自転車1台はあるよ。ただ、もう一台がぁ・・・。とりあえず1台だけ借りるか??」



私達が呆れ気味に
「2人なんだから、1台じゃいらないよ。2台無いなら無いって言ってよ」と言うと



「無いわけじゃないんだ。そうだっ、明日!! 明日には2台用意するから明日来てくれ」



まったく・・・と思いながらも、まぁこれがインドだ と思い、今日は自転車を諦める事にした。







そして次の日


やはり彼は自転車を1台しか用意出来ていなかった。。。。


まぁ予想はしていたけど、なんとなく腑に落ちない私達は

「結局自転車は2台用意出来たの? イエスかノーで答えて!!」とちょっと怒ったふりをしてみる(笑)



すると自転車屋は「ノーではないんだ。(小声で)1台ならあるんだよ」




私達「2台ないなら、ノーでしょ」




自転車屋「違うっ、僕はちゃんと1台はあって・・・・」



もう話にならない。



インド人は絶対に「ノー」と言いたくない人種だ。




でもだからと言って、何か努力する訳でもなく ただなんとかなると思っている人が多すぎる。



そして私達が呆れて帰った後、きっと自転車屋の彼は “なんとかうまくこの場を乗り切った”
そう思っている事だろう・・・


真剣に向き合うと、疲れはしても 解決には向かわなそうな人種No.1に決定です(笑)


ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします

マザーテレサの言葉

2010年09月03日 18:43

ここコルカタにはマザーテレサがつくった、マザーハウスがあります。
この施設は、障害を持つ人 病気の人などを無料で介護する施設で、世界中からここで
ボランティアをしたい人達が集まってきています。
マザー1


ここコルカタで何気なくマザーテレサについてネットで調べていると、
私の心にグッとくるマザーテレサの言葉が!!



彼女が来日した際に言われた事
「沢山の日本人の方がマザーハウスを手伝ってくださり、心から感謝しています。
 ただ日本人はインドのことよりも、日本の中で貧しい人々への配慮を優先して考えるべきです。
 愛はまず手近なところからはじまります」



なんだか素直に納得しました。

もちろん海外でボランティアをしている方達は すばらしいと思います。
私に足りないホスピタリティーを沢山持っていて、学ばせてもらう事が沢山ありました。



ただっ、

やはり私は日本人として、日本がもっと良くなるように 日本の事を考えなくちゃいけない気がします。



だからマザーテレサの言葉がグッと私の心に突き刺さった。



自殺率が高かったり、仕事に追われ 人生の楽しみ方を忘れかけてたり・・・
日本にも助けを求めている人が沢山いるはず。



もっともっと日本が楽しくて、最高の国にしていくために何かしなくちゃいけない気がします。



世界に出て、改めて日本を見直した時に
“日本はなんて凄いんだ”そう感じる事が沢山ありました。


電気製品に関しても技術は世界一だし、世界中の人がmade in Japan を信頼してます。
そして日本人はしっかり約束を守りなんでもキッチリこなせる民族。
こんなに凄い部分沢山なのに、とっても謙虚な所も私は大好きです。

 
 あっ、私は日本人なのに謙虚さが欠けてるかも><


こんな素敵な国なんだから、もっともっと日本人が日本が大好きになって欲しいし、
みんなが楽しいと思って生きていける国になって欲しい。



もちろん私が日本を変えていけるなんて大きな事はさっぱり思っていません。



でもせめて自分の周りの家族や友人 助けを求めている人・・・そこから幸せの輪を広げていけたらいいなぁ
なんて ここコルカタで思ってます^^
マザー2



ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします

ここが凄いインド人Ⅱ

2010年09月01日 19:18

ネパール人男性は、外国人と結婚したら 「外国に行ってお金を稼げる」とか
「外国人と結婚したら、後は働かなくても暮らしていける」・・・
こんな風に思っている人が多く、結構“他力本願”だなぁ~と感じる事が多いのですが、



インド人男性の場合は、「俺が働いて、奥さんを食わせていく」とか
「奥さんに食べさせてもらう事は出来ない」
「もちろん将来的に住むのはインドでしょ」そういう考えの人が多い気がします。
すごい1


殆どのインド人がインド大好きだし、インドは最高だと信じて疑わないんです(笑)


ネパール人と比べると、インド人は自分の国の将来に 未来を感じているし、
「男は女を守るもの」という意識が本当に強い。


ちょっとインド人見直しました^^





ただ、町を歩いているとこんな光景や
すごい2


こんな光景
すごい3


こんなのまでっ
すごい4


それで奥さんを養えるの???


ちょっと不安になります><





※もちろん他力本願じゃないネパール人も沢山います。ネパール人の皆さん・・・すみませんっ。


ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。