スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャンドバン村

2009年06月19日 20:10

サイドさん宅があまりにも居心地が良すぎてあっという間に2週間が経ってしまった。
ずっとここテヘランに居たいほどに気に入った私達も、やはり次に進まなくてはならない。
サイドさん、なこさん、ディーナちゃん、ラーラちゃん 本当にありがとうございました!!
家族のように毎日楽しく過ごさせてもらった為、別れはとても寂しかった。

そして私達はテヘランから北西へバスで8時間のタブリーズへ!!
しかし、私達が到着したその日はイランの祝日で2連休だった為 殆どの店が閉まっていた><
レストランも閉まっていて、なんと開いているのは小さなハンバーガー屋さんのみ。
私達は2日間1日3食ハンバーガーの生活を送るしかない><
サイドさん宅で毎日色々な種類の料理を食べ、常にフルーツのある生活に慣れていた私達は、
どれだけ贅沢させてもらっていたのか、つくづく感じた。

気をとりなおして、ここタブリーズに来た目的はここからミニバスで約1時間のキャンドバン村に行く事だ。
キャンドバン村は奇岩の並ぶ不思議な風景の村で、
しかも今でもその岩をくり抜いて、家としてそこで人々が生活をしている。
奇岩といえばトルコのカッパドキアを思い浮かべる人が多いが、ここキャンドバン村は規模は小さいものの、
暖かい生活の臭いを感じる素敵な場所である。

遠くから見たキャンドバン村
遠くから見たキャンドバン

山肌に沿ってニョキニョキと岩が林立している
山肌にそって1

山肌にそって2

奇岩をくり抜いた家
奇岩くり抜き1
奇岩くり抜き2

岩をくり抜いたおみやげ物屋さん
岩の土産物屋

キャンドバン村の町並み
キャンドバン町並み1

キャンドバン町並み2

絵本の中の世界に迷い込んだような風景なのに、生活感に溢れているキャンドバン村を私は
すぐに大好きになってしまった^^
イランを旅行するなら、ぜひキャンドバン村へ!!お勧めです!!

こうしてイランを満喫した私達は、イランを離れいざトルコへ再入国。
振り返ってみるとこうしてイランの旅が楽しくスムーズに出来たのも、サイドさん家族のおかげだったと思います。
サイドさんをはじめナコさん ディーナちゃん ラーナちゃん そして親戚のみなさん 紹介していただいた在イラン日本人の方々 本当にありがとうございました



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。