スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒッピー クリス

2009年06月29日 08:12

モルドバの宿で出会ったオーストラリア人旅行者クリス
IMG_5947.jpg

彼もまた面白い旅をしている。旅行を始めてからもう3年半が経つという彼は、
ヨーロッパを旅行中にトルコ人の彼女が出来て、トルコで英語の先生をしながら1年彼女と一緒に住んだ。

その後東ヨーロッパを中心に回り、今度はエストニアがすごく気に入りエストニアのある宿で掃除や
手伝いをして宿代をタダにしてもらい、なんと4ヶ月も滞在した。

彼は「東ヨーロッパで一番気に入ったのがエストニアなんだよ。何でエストニアに行かないんだ?」
と私達に熱く語った。 

私達はその時エストニアに行く気は正直無かった  
理由は私達のたてたルートから外れていた事とエストニアという国をあまり知らなかったからだ。

彼はエストニアを離れた後、モルドバで私達に会った。
この後ウクライナを旅行したら東ヨーロッパを出て、
イラン→パキスタン→インドと東に向かう予定だ。

私達は彼に「いつ自分の国に帰国する予定なの?」と聞くと
「うーーん そうだなー 帰りたくなったら帰るよ それまでは好きな所にいる」
彼はまさしくヒッピーなんですね。

まだまだ彼の旅は終わらない。
IMG_5949.jpg

私達はクリスの話を聞いてエストニアってどんなところなんだろう?と思っていた。
そんな中モルドバの町を歩いているとたまたますれ違った日本人旅行者に声をかけられた。
立ち止まって話をすると、なんとその日本人旅行者はエストニア在住だった!!

彼は旅をしていてエストニアが世界中で一番気に入り、そこで起業し移り住んでもう7年になる。

同じ日に2人も 「エストニアが一番好き」と言う旅行者に会うとは びっくりだった。

これは「エストニアに行くべき」という何かのサインなのかもしれない^^

こうして私達はポーランドの後南下してギリシャに向かう予定が、なんと大幅ルート変更で
真逆に北上してなんとエストニアに向かう事にした。

私は初めエストニアなんてどこにあるのかも解らなかったし、行ってみようと思う事もなかった。

それが旅人との偶然の出会いによって、その国について教えてもらったり、調べる事により
自分の持っていたその国のイメージもどんどん変わってきた。

自然に溢れ、人々もフレンドリーで
そしてこの時期 太陽が出る時間が長く 夜遅くまで明るいエストニアに行くのがとても楽しみになってきた!
直感や出会いによって旅のルートや予定を変えていくのも旅の醍醐味かもしれない。



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。