スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エストニアで自宅に招待

2009年07月31日 05:16

川邊さんの秘書のエリアさんが娘さんと一緒にドライブに誘ってくれました。
エリアさんと娘さん
エリアさん

バルト海沿いを車でドライブしながら、私達はエストニアについて沢山質問。

独立する前のロシア時代と大きく変わった事、それは「自由」だそうだ。
自由に車を持って、すきな時にどこにでも行ける。
海外旅行も出来る。そして、国自体が明るくなったとエリアさんは語ってくれた。

また4年前に日本に旅行した事があるエリアさん達に日本はどうだったと聞くと、
「とても美しかった」との答え。そしてびっくりした事は
・人の多さ
・日本人はきれい好きなこと
・畳の部屋での座椅子 (足はどこに置くのか?と迷ったらしい)
・トイレのウォッシュレット

日本にいると当たり前の事がやはり外国人には新鮮に感じる事を改めて感じた。


外国人が自分の国話をする時、殆どの人が
「俺の国はきれいなんだ。是非行くべきだよ!!ご飯も美味しいよ!!」などと絶賛する。
その点日本人は「京都はきれいだよ。でも東京は人が多すぎる・・・」とか
「日本は物価が高い国だよ」とか結構控えめな発言が多い気がする。
だからといって、日本人は日本を嫌いなわけではない。
もっと自信持って「日本はここがすごいんだ!!きれいなんだ!!是非旅行するべきだ」
「日本に行ったら日本のここを観て」と言うべきだと思う。

ドライブの後エリアさんの自宅に招待してもらい、家の中を案内された後
テーブルについた。
エストニア料理だよと言って出されたもの、それは
ケーキ

ん!??? ケーキの上にサーモンがのってる・・・
これ食べれるかなぁ??と不安に感じながら恐る恐る「これケーキ?」と聞くと
エリアさんと娘さんは笑いながら「ちがうよ、サンドウィッチだよ」

なーんだぁ 安心して一口食べてみると、“おいしいっ”
日本にはない味だけど、サーモンの刺身とパンがうまく調和していて 上品なサンドウィッチだった。

地元の人と話さないと、食べる事の無かった物 それが旅行では沢山ある。
食べ物一つにとっても地元の人とのコミュニケーションで幅が広がっていく。
やはり旅での『人との出会い』はとても楽しい。



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。