スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サハラ砂漠

2009年10月10日 01:07

出発前にどの国に行くかを考えている時にヤスサンに、
「今まで見渡す限り360度砂漠の景色って見たことある?」と聞かれた。
私が「ない」と答えると
「俺もない。よし、じゃぁモロッコでサハラ砂漠に行こう」

それ以来ずっと360度砂漠の景色を見るのが待ち遠しかった。
小学生の時に社会の教科書のサハラ砂漠の写真を見ても、日本とはあまりにもかけ離れている
風景の為か、なぜか実在しないもののような気がしていた。
それが出発前のヤスサンの一言によって突然私の中でリアルなものに変わった。

マラケシュで旅行会社に行き、マラケシュ発のサハラ砂漠ツアーを調べたところ
サハラ砂漠の近くの町に自分達で行って、そこからツアーに参加するのとあまり値段が変わらず、
マラケシュとサハラ砂漠の間にある見所にも連れて行ってもらえるとの事だった為、
私達はマラケシュからの2泊3日のツアーに参加した。

ツアーバスに乗り込み
サハラ1

こんな素敵な景色の中を車は走り抜け
サハラ2

砂漠地帯の中に突然現れる緑の生い茂るオアシスで散歩して
サハラ3

私達のガイドさん、なんと4ヶ国語話せるんです。
お客さんによって、色々な言葉を使い分けるのにはびっくり。
モロッコでは言葉を1つ習得する事によって、1つ「目」が増える(視野が広がる)と言われていて、
何ヶ国語も話せる人が多いらしい。
確かに何ヶ国語も話せたら、それだけで会話出来る人の数が増え
もっと沢山の人と仲良くなれるだろうな。


ツアーは順調に進み1日目はホテルに泊まり、2日目 ついにサハラ砂漠到着!!
サハラ砂漠4

想像していた以上にサハラ砂漠は大きくそして綺麗だった。
サハラ5

サハラ6

ラクダに乗りながら、見渡すかぎり360度砂漠の中を夕日を見ながら進む。
頭の中を空っぽにして、ただただ どこまでも続く砂漠を見続けた。
音楽も何にもいらない、砂漠の中では太陽のエネルギーがそのまま体の中にすぅーっと入ってくる
そんな感覚さえおぼえた。
さはら7

ラクダで2時間ほど進み、砂漠の中のキャンプサイトに到着。今日はここが私達の砂漠のホテルだ。
もちろん水は無い為、トイレに行っても手も洗えない。
それでもそんな事どうでもいいと思えるほど、砂漠は私を魅了してくれた。
さはら8

みんな裸足になり砂漠の砂を肌で感じながら丘に登ったり、砂の上を滑ってみたり・・・
さはら9

砂の上を裸足で歩くのって気持ちいいんです。
海でビーチを歩くのとはまた違っていて、砂がきめ細かくて、奥の方はヒンヤリしてて、
そして何か神聖な感じがする。


夕日が沈むのを静かに見守り
さはら10

夜は食事をしながら、ツアーメンバーと語り合い、
さはら11

そのまま砂の上に寝転がり空を見上げると、見たこともないような一面に輝く星空だった。
流れ星が何度も何度も通り過ぎ、私達は時間が経つのも忘れ空を見続けた。

「砂漠は星がよく流れるねぇー」なんて言って感動していたものの
後で知ったのだが、私達がサハラ砂漠に行った時は流星群のピークだったらしい。
どおりでよく流れたはずだ^^


砂漠の真ん中で砂の上に横になり、地球の温度を感じながら眠りに着く、
こんな贅沢な経験が出来た事を本当に幸せに感じた。
砂漠の中で私は何を考えるのだろう?ずっとそう思っていたが、
ただただ、何も考えず無の自分でいることが心地よかった。
砂漠想像していた以上に良かったです!!



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。