スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青の町 シェフシャウエン

2009年10月14日 01:44

砂漠の町メールズーガーから夜行バスに乗り、迷路のような町フェズに到着。
しかし砂漠で感動しすぎたせいか、いまいちパッとしない為1泊してすぐに
次の町シェフシャウエンに向かった。

ここシェフシャウエンは青の町、なんだかギリシャのサントリーニ島にいる
みたいな気分にさせてくれます^^
・・・ちょっと言いすぎかな・・・・・・
シャウエン1

シャウエン2

こんな涼しげな色で壁が塗られてると、なんとなく暑さが和らぎます^^
シャウエン3

シャウエン3.5

革製品が有名なモロッコでは染料を売ってる店も多く、店先に並べられた染料も私達を楽しませてくれます^^
シャウエン4

私達は着いたとたんにこの町を気に入り、ここに3日ほど滞在する事に。

ヨーロッパから来た私達にとって、モロッコの物価はなんでも安く感じられ、
ヨーロッパではあまり出来なかった外食もどんどん行けちゃう。

    はずだったが・・・・モロッコ料理に飽きてしまった。

モロッコの代表的料理“タジン鍋”
タジン

そしてもう1つ世界最小のパスタと言われる“クスクス”
クスクス

確かに最初は美味しかった。しかしどこに行っても殆どこの料理ばかり。
特に砂漠ツアーの2泊3日は昼・夜はずっとこの2つのどちらかだった。
しかもタジンとクスクスはほぼ同じような味付け、正直もう沢山だ><

こうなると無性に日本の料理が食べたくなってしまう。
やはり私は日本人なんだなぁ、と改めて感じる瞬間だ。

こんな時こそ大活躍、私達の秘密兵器、電熱調理器をバックパックから取り出し
野菜を市場で調達し
野菜シャウエン

早速料理開始。今日は鳥五目ご飯とサラダとお味噌汁!!
友人のハネチャンがスペインに送ってくれた日本食材を使って、完璧な日本食完成。
ハネチャン本当にありがとう。大事に大事に食べてます^^

旅していて食事が美味しいと、なおさら旅に彩りがつく。
今回の私達の旅は程よく日本食を食べている為か、食事に関して殆どストレスは感じていないです。


デザートはサボテンの実
サボテンのみ

始めはこれ本当に食べれるの?と思い警戒していたものの食べてみると甘くて美味しい^^
日本では高くて手の出せないフルーツが海外では安く食べれるのもやはり旅の楽しみの一つですね。


そしてモロッコはイスラム教の国
町の人はみんなのんびりカフェでお茶してると思いきや、お祈りの時間になると
モスク(イスラム教の寺院)に入りきらないほどの人が集まり、モスクの外にまで列を作り
お祈りをしています。
モスク祈り

イスラム教の国に来ると いつも宗教について考えさせられる。
考えて答えが出る訳ではないが、その度に私の中で気持ちがシャキっとする。
色々な宗教の寺院を見に行き、入った瞬間に中の空気の神聖さに鳥肌が立つようなあの感覚をおぼえる。
うまく言えないが、それも私の中でのイスラム国家への魅力を感じる部分の1つになってます。



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。