スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中米大陸 上陸!!

2009年11月02日 09:29

スペインから約10時間のフライトでメキシコ カンクンへ。
時差の関係でPM3:00発の飛行機に乗ったのに、到着は同日のPM6:00
飛行機には10時間乗っているのに、到着したメキシコでは3時間しか飛行機に乗っていないことになる。
1日が31時間・・・長い1日になった。

カンクンはこれまでのヨーロッパのカラッとした気候とは違って、湿気がすごく空港を出た瞬間から
モワァっと暑く 汗が吹き出てきた。
でもなんだか この気候タイみたいで嫌いじゃないです^^

カンクンはリゾート地なので、他のメキシコの都市と比べたら物価は高いと聞いていた。
しかし日本人宿「ROSAS7」は1泊 共同部屋 1人 約630円
ヨーロッパで宿代1人およそ2800円くらいかかっていたためもあり 
高いはずのここカンクンの物価がすべてが安く感じてしまう。
中東にいた時は、物価が安いため たまに宿代500円くらいの宿があると“高い高い”と言っていた
のを思い出した。
 ある「モノ」の対象物が今置かれている自分の環境下で全く変わってくる
この物価の感覚って不思議だ。
また、この時期アメリカドルの価値が落ちている為、私達旅行者にとってはありがたい。
例えばこう  今宿泊している上記の宿 解りやすく日本円で示したが価格は1泊US7ドル(なぜかカンクンはUSドルも使える)
これは2年前くらいにここを宿泊した人は同じ「モノ」US7ドルでも約850円かかってしまう

感覚とは別に通貨「円」の強弱で変わる 
今はまさしく日本円を所有している私達にとってはその恩恵にあやかり旅が出来ている。

そしてカンクンと言ったら、やはりビーチ!!と言う事で少々時差ぼけ気味でビーチ行って来ました。
カンクン1

少し坂をのぼり突然視界が広がった。突然 私達の目の前に現れたカンクンの海は言葉に表すことのできないほどの青さ

今までこんなに青い海は見たことがない。

ただただびっくりして、私達は海を見続けた。
カンクン2

海はなんで青いんだろう?? 
今まで生きてきてこの疑問を持った事はあったのだろうか?
子供の頃はそんな疑問ばっかりだったのかもしれない。

それが少しづつ大人になって、海は青い物そう認識してしまった為かそんな事考えもしなかった。
旅をしていると、知っているつもりで実は知らない事が あまりにも沢山ある事を思い知らされる。
カンクン3

そしてカンクンのビーチは波が高い。少し気をゆるすと、波に飲み込まれてしまいそうだ。
波の高さに驚き 波打ち際から先に進めず 立ち尽くす女の子の姿をよくみかける(笑)
カンクン4

ここカンクンでは、ヨーロッパで会い少しの間一緒に旅した夫婦との再会を果たした。
実はこの夫婦 1度中国でも会っている ヨーロッパで再会し、次は中米大陸、なんだか世界は本当に広いのか 解らなくなる。

またヨーロッパでは3回も会った旅人(しかもすべて偶然!!)が、ここカンクンでも
道端でバッタリ再会した。

世界中が自分達の遊び場みたいで嬉しくなる。
「次はどこで会えるだろうねぇ?」その感覚が“世界のどこか”なのがドキドキさせてくれる。

そして沢山の旅人との出会いは、私達に沢山の影響を与えてくれ、
新しい考え方、見方など色々と勉強になる。

また旅人同士で、日本について語り合う機会がよくある。
日本を離れて、改めて自分の国「日本」について自分の意見を述べる。
私は旅に出て、なおさら日本が好きになった。
そんな意味でも旅人との出会いを大切にしていきたい。


ホームページ
ワールド キャンバス はこちらから
世界の笑顔が満載です



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。