スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青い空 透き通った海 イスラムヘーレス

2009年11月05日 13:25

カンクンからフェリーで約30分のイスラムヘーレス。
島自体は小さくのんびりしていて、そして海がプールのように透き通っている本当に綺麗な島だ。

宿に荷物を置き、早速ビーチに向かうと
イスラム1

南の島のイメージがピッタリだ。
イスラム2

青い空に、透き通るように綺麗な海、他には何もいらない という気分にさせてくれる。
私にとって海は、カフェで過ごす心地よい空間であり、
そして瞑想の時の無になる空間に似ている。
砂漠の時もそう感じたが、やはり自然はすごい。
心を穏やかにしてくれるし、自然の前では素直になれる自分がいる。
イスラム3

新型インフルエンザの影響なのか、人が殆どいなく このビーチが貸切状態。
イスラム4

イスラム5

贅沢に楽しませてもらいました^^


島はおみやげ物屋が少し立ち並ぶ程度の、観光地とは思えないような素朴な田舎町。
イスラム6

夕食をとる為、小さな食堂へ向かった。
メニューなど置いてない小さな食堂の為、食堂のおばちゃんに片言のスペイン語で質問しながら、
1皿35ペソ(244円)のタコスを2皿頼んだ。
カンクンの食堂ではタコスが20ペソ払えば食べる事が出来るので、決して安くはないものの
まぁ島だから物価は少し高いのかな??なんて思いながら、私達はタコスを食べた。


そして会計の時に、70ペソを支払うと、
おばちゃんは「一皿45ペソだ。あと20ペソ払え」と言ってきた。
確かに35ペソと言ったし、スペイン語に自信のない私達は2,3回確認をしたはずだ。

おばちゃんは明らかに注文した時のニコニコ顔から、険しい顔に変わっている。
しかし最初に値段を言っておきながら、食べた後に値段を変えるのはフェアじゃない。 
私も後に引けずに、「あなたが35ペソと言ったんだ」と言い返すと、
なんとおばちゃんは、たまたま通りかかったパトカーを呼びとめ、
警察にスペイン語でなにやら言い始めた。

こうなっては私達には勝ち目がない。それどころか、厄介な事になってしまった。
もちろん私達はおばちゃんが、警察になんて言っているのか解らない。
きっとあることない事言って、私達を完全に悪者にしているはずだ。

このままじゃ危険だと思い、警察に私達なりにスペイン語をどうにか使って説明をする。
この時すでに野次馬が15人ほど私達を取り囲んでいる。
完全にアウェイだ・・・・

なんとか私達の言いたい事は、警察に伝わったようだが、なんと警察は
「たった20ペソじゃないか。そしたら彼女(おばちゃん)も納得するんだから頼むから早く払ってくれ。」
と言い出した。

確かにたった20ペソ(140円)もちろん払える。
これを払ったからといって、明日のご飯代がなくなる訳でもなんでもない。
ただ私は納得がいかないだけだ。
ここイスラムヘーレスを、もっと長く居たいなと思う程気に入っていた島だからこそ
なお更ショックだ。

それでも、ここで言い返したら完全に私達は不利な立場になってしまう。
日本とは違って、警察だってどこまで信用していいのか解らない。
なるべく関わらないようにするのが、外国人の私達にとっては一番いい方法だと思い、
仕方なく残りの20ペソを払い、私達はレストランを後にした。

20ペソを受け取ったおばちゃんは、上機嫌で「グラシアス(ありがとう)」
本当に呆れてしまう。
なんとも後味の悪い出来事になってしまった。

この1人のおばちゃんのせいで、この島の1番の思い出がこの出来事になってしまった。
それが何よりも悔しい。
そして改めて痛感した事、言葉の大事さ。
普通に旅をするなら、スペイン語が片言でも問題ないが、なにかトラブルが起きた時に話せないのでは
完全に相手のペースで物事を進められてしまう。
これからしばらく続くスペイン語圏。
なんとかトラブルに対処出来る程度のスペイン語は勉強しなくては!!

まぁ、このイライラを沈めてくれたのも ここイスラムヘーレスのとびきり綺麗なビーチです。
この出来事さえなければ、この島本当に素敵な場所です。

ホームページ
ワールド キャンバス はこちらから
世界の笑顔が満載です



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。