スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民族の人の住む村へ

2009年11月18日 04:49

シェラの近郊の村は民族の人達が沢山住んでいて、そこでは曜日ごとに各村で市が開催される。

私達もさまざまな村の市へ出かけてみた。
グアテマラ名物!?のボロボロでガタガタのチキンバスに乗り村へ向かう。

家畜市はなんと売り手が、家畜を紐でつないでいた。まずは豚売り
民族1

こっちは羊
民族2

今度は鳥
民族3

そして犬までも
民族4

この家畜市、上から見るとこんな感じ。沢山の人で賑わっています。
民族5

フルーツや野菜のマーケットも活気がある
民族6.5

民族6

村中に民族衣装を着た人が歩いてる事自体が私達には新鮮だ。
今はインターネットがどんな田舎の村でもほぼ普及している為、世界中の情報が入る。
もちろんここの村でも何件かインターネットカフェがあり、子供達や若者がネットをしている。
世界の人がどんな服を着て、どんな生活をしているのか もちろん知っている中で、
自分達の昔から代々伝わる民族衣装を着て、生活している彼女らが
自分達の民族に誇りを持っていて素敵だと思う。
民族7

ただあと20年もしたら、彼女らも 民族衣装を着なくなるのだろうか?
民族衣装を着て、昔からの自分達の生活を守り続けている彼女らも、殆どが携帯を持っている。
私が感じるだけでも、世界はここ6、7年で大きく変わった気がする。
 
数年前まではタイには昔ながらの生活を送る民族が沢山いたが、
今ではあまり昔ながらの暮らしを送る民族がいなくなった と旅行会社をしていた知人に聞いた。

ここグアテマラの民族の人達も、何年か後には民族衣装を着なくなるのかと思うと少し寂しい気もする。
もちろんどんどん発展する事を願いつつも、この伝統はいつまでもあり続けて欲しいと思う。


ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから世界の笑顔が満載です



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。