スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TICAバスで中米大陸駆け抜け

2009年12月01日 21:33

アンティグアは古き良き街並みに、お洒落なカフェやおみやげ物屋が立ち並ぶ、
洗練された町だ。
そこに民族衣装を着た人達が良い具合に溶け込んでいる。
アンティグア1

アンティグア2


ローカルバスはなんだかおもちゃみたいでかわいい^^
アンティグア3

ここアンティグアで私達は 飛行機会社のホームページがスペイン語の為 
宿のオーナー田代さんに手伝ってもらい無事 パナマ→コロンビアのチケットをゲットした。

航空券の次はパナマまでの移動手段だ。

ローカルバスで細かく刻んで南下していけば、値段も安く行けるのだが、
今回は安全を第一優先に考えて、中米移動の王道『TICAバス』を利用する事に。

このバスは乗客が旅行者、または現地のお金持ちなので、
100パーセント安全と言うわけではないが、強盗やスリのリスクは減らせる。

グアテマラの首都グアテマラシティーを出発して、2泊3日で一気に中米大陸を
コスタリカまで駆け抜ける。
夜行バスではなく、昼間に移動して夜はホテルに泊まる。
夜はベットでゆっくり横になれる為、疲れ知らずの移動だ。


TICAバス
TICA1.jpg

TICA2.jpg

1日目はエルサルバトルの首都、サンサルバトルまで。
ホテルはTICAバスのバス乗り場に併設されたTICAバスホテルへ。

ダブルで24ドルおよそ2,200円 先日まで250円で泊まっていた私達はこの額がどうしても高く感じてしまう。
しかし安全を買ったと思えば安い物かもしれない
ホテルの部屋に入ると、テレビがあり、タオルが備えられ・・・確かに24ドルの価値はある。

ホテルのロビー
TICA3.jpg

2日目 ニカラグアの首都マナグアは、特に治安が悪いことで有名だ。
近くに安い宿がある事は知っていたものの、ここも安全優先で またもTICAバスの併設されたホテルへ宿泊。

夕飯を食べに外に出たときも、明らかに雰囲気が悪い。
昼間から酔っぱらった人、薬でおかしくなってる人、ゴミをあさる人、
若者が溜まってお酒を飲んでいたり・・・強盗や殺人多発地帯なのが理解できる。

ホテルの人も「移動はどんなに近くてもタクシーを使ってください」と言っていた。
夜 のどが渇いた私達は、ホテルのフロントで飲み物を頼むと、
「ここでは飲み物は売っていない。ただ外に出るのは危険だから、うちの従業員が車で買いに行きます」
マナグアはこんなにも危険な街なのだ。

こんな感じで、中米大陸エルサルバトル→ホンジュラス→ニカラグア一気に駆け抜けました。
そして次の国コスタリカに向けて出発した私達であった。

ホームページ
ワールドキャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。