スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オタバロ族の住む町

2009年12月26日 21:15

エクアドルの首都キトからバスで約2時間の場所にあるオタバロ。
男性は長い髪を三つ編みにして、パナマ帽を被る。女性は長い髪を布で巻き頭にも布を被っている。
こんな昔からの習慣をそのまま残して生活を続けるオタバロ族が暮らす町だ。
オタバロ1

オタバロ2

町に着いて、宿を探すと なんとダブルルームでお湯シャワーが出る宿が2人で5$(約450円)
物価が高くなったと言われるエクアドルだが、それでもまだまだ物価は安いようだ。


市場に行くと、大きなアップルマンゴーが4つで1$(約90円)  オレンジが10個で1$  パイナップルが丸ごと1個 1$

もうそれだけで私は気分が上がってくる。単純なものだ。
オタバロ3

食事もスープ、ご飯と鶏肉・豆の煮物・サラダがついた1プレート、飲み物付きで たったの1.25$(約113円)
オタバロ4

食欲が満たされると、人ってこんなにもご機嫌になる^^

こんな大きな魚のフライ付きの定食でさえ激安だ (約180円)
オタバロ5

そして市場の一角にはこんな光景が並ぶ
オタバロ6

ここオタバロは毎週土曜日に開かれる市が目的で旅行者が訪れる町なのだが、市をやっていない土曜日以外の日こそ
普段どおりの彼らの生活を見ることが出来て、静かでのんびりしていてオススメの町です。


ホームページ
ワールドキャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。