スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オタバロ族の人々

2009年12月28日 21:16

日本人の私達にとって“三つ編み” は可愛らしいイメージや女の子の髪型を思い浮かぶ。

しかしオタバロ族の男性を見ると、三つ編みがなかなか勇ましくて男らしい。
小学生の男の子もみんな三つ編みをしているのだが、彼らを見ているとインディアンを思わせる勇ましさを感じる。
IMG_7021.jpg

またオタバロ族の女の子達は 例え学校の制服でさえも、ロングスカートを履き、その上からその学校のチェック模様の布を巻く。

世界中の情報をインターネットを通して知る事が出来る今、どこの国にいっても若者の服装は殆ど変わらない。
そんな中、こうして自分達の服装や髪型に誇りを持って、伝統を守っている彼らは とても素敵だと思う。
人々2

人々3

大きな市の開かれる前日、メインの広場でみんなで協力しあって 掃除をしたり、ペンキを塗るオタバロ族の人達の姿があった。

町の人みんなで 町のメインイベントである市を作り上げてる この姿がとても印象に残った。

どうしても それぞれに生活がある為なかなか町中の人がみんなで協力し合い何かをするという事が 
少なくなってきている今日この頃、
どれだけ人が集まるかも解らないのに、笑い合いながら明日の市の為に準備をして、
昼時になると食事の入った大きな鍋が運ばれてきて、みんなで食事を摂る。

こんな力を合わせる町の人の姿に、私は感動した。


私が「明日はマーケットなんだよね?」と聞くと

「大きなマーケットだよ。色んな物いっぱい売ってるから、必ず来てね」
なんて明るく答えるオタバロ族の人達がいる。

こんなにも 町中の人が協力しあって作り上げている明日の市 楽しみだ。

 
ホームページ
ワールドキャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。