スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボリビア人が好きじゃない!?

2010年02月01日 20:26

ラチョンで身体も心も癒された私達は38カ国目ボリビアへ。
ラチョンのお陰で、ペルーでの悪い思い出もすっかりクリアでき、清々しい気持ちでペルーを
出国した私だった。


ボリビアの首都ラパスに到着して町を歩いてみると、なんかおかしい。

ボリビア人にはラテンの血が流れてないのか??

今まで旅してきた中南米の人達のノリとは明らかに違う。

笑わないし、買い物していて「安くして」と言うと真顔で「じゃぁ買わなくていいよ」
との返事が返ってくる事もある。

その上アジア人差別もうっすらと感じる。



なんだか居心地良くないなぁ。もしかするとたまたま私が会った人がそうだっただけかもしれないと思い
宿に帰って旅行者に聞いてみると、私以外にもそう感じている人が結構いるようだ。

やはり“ボリビア人は頑固で笑わない”民族らしい。
しかも「彼らはアジア人は自分達よりも下と思っている」なんて言う人までいた。

もちろんみんながみんなそうではないはずだ。ただなんとなくその傾向が強い気がする。

その上 中南米に入ってから約4ヶ月 毎日のように明るく人懐っこいラテンのノリの国民達に
囲まれて旅をしてきたせいか、なお更ギャップを感じてしまう。




もう1つ ここラパスに到着してびっくりした事 思ってたよりも治安がいい。
少し前までは首絞め強盗のメッカだったラパスだが、ここ最近首絞めに会った人がいないらしい。
限度はあるものの、夜でも大通りなら歩けそうな程だ。

町を歩いていても、あまり危険な空気を感じない。
治安が良いというのは、私達旅行者にとって最大のポイントだ。


この調子なら安心して町歩きも出来そうだし、あとはボリビア人を好きになれるかどうか
それだけが問題だ。


ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。