スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またも刺身に舌鼓

2010年02月28日 19:51

港町のプエルトモンはもちろん魚介類が豊富。早速市場に出かけてみました。

ありました!!チリと言ったらなんと言ってもサーモン。
ビーニャデルマルで飽きるほど食べたはずなのに、決して飽きる事はないようです^^
刺身1


市場のお兄さんは 日本人がよく来るのか「さしみぃ~、すぅしぃ」「ありがとう」
片言の日本語で話しかけてくれる。
刺身3

このチリ人の陽気さやっぱり好きです



重さを量って会計
刺身2

今日はなんと奮発してあわびも購入!!
 ※後で聞いたのだがあわびに似ているけど、フジツボだったのかも・・・
  ただ日本でも満足にあわびを食べた事のない私は、これがあわびだろうがフジツボだろうが
  とにかく美味しいって事だけで大満足でした^^
刺身4

刺身k5


刺身だけでお腹いっぱいにするという贅沢な食事を摂っても、4人でシェアして1人約350円。

チリでは胃袋が完全に満たされました^^




今泊まってる宿のスタッフ達も毎日お昼はサーモンや貝の贅沢なランチ。

まだ若いお母さんとお父さんが経営している宿なのですが、彼らは食事を作りながら
話をしたり、休んだり、途中でお茶したり・・・と2時間以上もかけて食事を作る。

そして食事が出来上がると、またしても会話を楽しみながら、時にはワイン片手に
ゆっくりと1時間以上かけて食事をする。


この光景を見ていると、チリ人はお金がある訳ではないけど豊かな生活をしているなぁと感じる。
 ※もちろんお金持ちの方も沢山いるとは思いますがっ。


今の私は時間に追われていないのに、それでも昔から染み付いた癖なのかどうしてもテキパキと
物事を片付けないと、時間を無駄にしてしまった気になる事がある。

もちろん毎日とは言わないものの、たまにはチリ人のような 時間の使い方の日があったら
もっと心に余裕を持てる気がしました。


最後にとってもキュートな宿の子供
刺身6

きっとこの子もこの優雅な時間の流れのなかで、素敵に育っていくんだろうな^^




ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。