スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の民族評価2

2010年05月19日 19:37

旅で出会ったスイス人が言ってたちょっとブラックなジョーク。


旅人 「2ヶ国語話せる人の事をなんて言うか知ってるか?」

私  「バイリンガルでしょ」

旅人 「当たり!!それじゃぁ3ヶ国語話せる人をなんて言うか知ってる?」

私  「トリリンガル??」

旅人 「正解だよ。それじゃぁ1ヶ国語しか話せない人の事をなんて言うか知ってるか?」

私  「?????そんなの言い方あるの??聞いた事ないよ」

旅人 「本当にわからないのか?? 『アメリカ人』って言うんだよ  わはっはー」

私  「・・・・・・・・・・・・」


このジョーク 私にとっては全く面白いとは思わなく 意味さえ解らない私・・・
しかし私以外のヨーロピアン達はみんな笑ってました。

こんな感じで彼らはアメリカ人が英語しか話せない事を馬鹿にしていた。

確かにヨーロピアンは自分の国の言葉の他に、英語・フランス語など2~3ヶ国語話せる人が多い。
彼らから見たら、アメリカ人はどこに行っても英語が世界の共通語だ と当たり前の様に英語しか話さない事が
ちょっと気になるのだろう。

しかし英語がペラペラではない私には、このジョーク みんなと一緒になって笑う事が出来ない><
私を含め 日本人は英語コンプレックスは少なからずあるのではないでしょうか??

確かによく考えてみると 英語を第一言語として使ってる国って世界中でそんなに多くなく、
なぜ世界の共通語が英語なの??と思ったことがある。
アメリカが勝手に世界の共通語は英語って決めちゃったのかな??なんて思ったりした。


まぁそれでも世界の共通語の英語を話すアメリカ人は私にとってはうらやましいけどなぁ。
英語には本当に苦労している私です・・・


ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。