スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボッタクリでしょ それっ!!

2010年07月13日 18:16

連日バリがどんなに良い所かをブログに書いている私ですが、昨日ちょっと不満に感じる事があったんです。


昨日 今いるパダンパイという田舎町の食堂で
定食の値段を聞いたら、いつもの3倍の値段(約150円)を言われた。



私  「なんでそんなに高いの?クタ地区では50円だよ」

店員 「うちのオーナーはドイツ人だから高いんだよ」

私  「はぁ????このいかにもローカルな屋台のどこにドイツテイストが入ってるのよ??」

店員 「とにかくうちのオーナーはドイツ人だから他とは違うの!!」



100歩譲ってドイツ人オーナーの店だとしよう。でもだからなんなのよっ!!
他の店より3倍もとるなら、それなりに店の雰囲気を良くするとかお皿を良くするとかあるでしょ。



外国人はその店の雰囲気や食事の時間を楽しくしてくれるようなサービスに対して、それ相当の価値を見出し
ローカルの屋台の値段よりも高い値段を払うんですっ!!



な~んにも変わらないこの屋台の料理に 例えオーナーがドイツ人だとしても
普段の3倍の値段を払う気にはなれない。



このブログを読んで でもたった100円でしょ。。。と思った方もいると思います。
確かにそうなんです たった100円・・・  
「その国を旅行させてもらってるんだからそれくらい払おう」その考え方も必要かと思います。
ただ物価の低い国をバックパッカーとして旅していると、100円が大きく感じてしまう事が多々あるんです。



例えばここバリ島では100円あったら、定食を2回食べる事が出来るんです。


昔の私は、いかに安く買うか&生活するか をバックパカーの楽しみの1つと考えていた部分があり、
その頃の私は 必死になって値段交渉をしていた。



しかし今の私は
「少しくらい高い金額を言われても、それでお互いが気持ちよく買い物が出来るならそれでいいかな」
という気持ちになってきてる。


でもっ・・・このお店は外国人だからって ふっかけすぎでしょ!!
な~んか、気持ちよく買い物が出来ない事が 外国では多々あるんです><



ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。