スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チベットの今

2008年11月20日 18:18

IMGP0889.jpg

ラサからネパール国境までのツアーの間 私達に同行したガイドと
色々な話をしました。

町を歩いてると、みんな笑顔で挨拶してくれる本当に穏やかなチベットだが、
厳しい現実があるらしい。

チベットでは民間人に扮した私服警官が 家に入ってきて、お茶を飲みながら
話を聞きだし、そこで中国政府の悪口を言うと、捕まってしまう。

ラサに沢山いる警察や軍隊は すべて漢民族で、
自分達(チベット人)の土地に入ってきて、そして徐々に支配していく。

今ラサは 漢民族の割合が50パーセントを占めようとしているらしい。

国境の町ダムに行く為にはチベット人もパーミットが必要との事だった。
ガイドが声を荒げて言った。
「おかしいと思わないか??ダムはチベットだ!僕らチベット人の土地だ!
 それなのにどうしてチベット人が中国人に許可してもらわなくてはいけないんだ。」

「チベット人はこの現実でも平和を主張している。
 でも僕はいつでも戦う準備は出来ているんだ。」

そして最後にガイドは言った。
「僕らは生きていて3つの事を許されているんだ。
 寝る事、食べる事、そしてトイレに行く事、この3つだけだ。」

彼らの笑顔の下に隠された厳しい現実を知り、私達は言葉が出なかった。




最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。