スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バックパックが壊れたぁ><

2009年03月26日 20:28

ムンバイからドバイまでのフライトでエアインディアを使った私達ですが、
預けた荷物にトラブルがっ!!

飛行機から降りて、自分の荷物が出てくるのを待ってると、
やすさんのバックパックはすぐ出てきたのに私のバックパックはなかなか出てこない。

一緒に預けたのになぜ??しばらく待っても出てこなく、そのうち レーン自体が止まってしまった。

いつまで待っても自分の荷物だけ出てこない あの切なさ・・・思い出しただけで悲しくなる。

職員に問い合わせに行くと、なんと私のバックパックが乗客から見えない
内側のレーンに引っかかってレーン自体の回転を止めていた。

自分の荷物が見つかり、ホット安心したのもつかの間、

バックパックが壊れてる~~  ><
背負う部分のプラスチックのバックルが壊れて、片側のショルダーアームだけが
だらーっと長く垂れ下がってしまった。
これじゃぁ、バックパックを背負う事が出来ない。
バックパック

がくっ。としながら、エアインディアのオフィスへ。

事情を説明し どのような保障をしてもらえるのか聞くと、

「そんなのよくあることだっ保障なんて出来るわけ無いじゃないか!!」
と無責任な返事だった。

私はそれには納得いかず、「あなた達のミスだ、なんとかしてくれ」と言い返すと、

なんとエアインディアのチーフが
「大体飛行機に荷物を預けて壊れたのかわからないじゃないか。初めから壊れてたんじゃないのか?」
と言い出した。

さすがにこの対応には呆れてしまう。
エアインディアのオフィスに行く前にやすさんが、大抵こういうのって労力の無駄になる場合が多い
と言っていたが 本当にその通りになってしまった。

すこしでもこの状況をどうにかしたく交渉したものの、私にはそこまでの英語力もなく、
かわりにやすさんが、なんとか 修理のレシートを持ってきたら、修理代は払う ことに話をつけてくれた。
ただドバイにはこの壊れたバックル自体が売っていないらしい。

結局私達はドバイには3~4泊しかしない為、バックの修理屋さんを探してわざわざ空港のエアインディアのオフィスにその修理代をもらいに行く時間ももったいない。
その上空港までのタクシー代も必要になるし。

しかたなく自分で応急処置をしてヨーロッパで修理することに。
なーんか納得もいかなければ、後味も悪い出来事でした><



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。