スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バリいいかも??

2010年07月05日 17:42

ウブドで散歩して帰ってきたヤスサンが

「俺バり好きかも」


突然そう言い出した。
人懐っこく、陽気で、とにかく明るい。こんなバり人の性格がヤスサンは気に入ったみたい。

確かにクタ地区にいるビーチボーイ達と違って、ウブドは すれ違う人みんなが
笑顔で挨拶を交わし、楽しそう笑い合っていて、穏やかだ。

ウブド好き1

ウブド好き2

ウブド好き6


「アジアにまだこんな国が残っていたんだ」そう思えるほど、バリ人は擦れてない。
これほど旅行者が訪れる場所なのに、人々が擦れてないのは島国だからなのかな?
写真を撮っていると、旅行者の多い土地では子供達が「お金ちょうだい」と言ってくる国も沢山ある。
子供だけでなく大人も「○○円で写真撮っていいよ」なんて言ってくる場合もある。


でもここバりはなんと写真を撮ると
子供達から「ありがとう」と笑顔と共に返ってくる。

家の中からお母さんが出てきて
「うちの子供を撮ってくれてありがとう」といわれる事もよくある。



こんな国はじめてかも^^

ヤスサンも写真を撮ってて楽しそう。
ウブド好き3

ウブド好き4

ウブド好き7


私の中ではバリが好きになったり、嫌いになったり・・・
ダイブ揺れ動いてますっ。


ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします

クタ地区脱出

2010年07月03日 18:36

本当に色々あったバリでの1ヶ月半でしたが、1人の生活はやっと終わりヤスサンとバリで合流です。
早速騒がしいクタ地区を抜け出し、ウブドにやってきました。

ウブドは山の中にあるのんびりした町で、旅行者に人気の町。


ここで私達この旅で一番と言ってもいい程、素敵な宿 見つけちゃいました!!


バリ建築の部屋は可愛らしく
ウブド1


外のテラスも快適
ウブド2


豪華な朝食もついて
ウブド3


常に部屋の前のテーブルには熱いお湯とお茶やコーヒー、お菓子を用意していてくれる。
快適に過ごせるように気配りが行き届いていて、それなのにちゃんと客のプライベートをしっかり考えてくれている。
宿の人との距離間も近すぎず、遠すぎずでちょうどいい。

本当にびっくりするほど快適なんです!!

それなのにダブルルームで一泊 約800円(2人) 



約1年半自分の家を持たない旅人の私達にとって、宿の快適さは旅の楽しさを決める重要なポイント!!
宿が良いだけで、その土地のイメージがどんどん良くなる。

久しぶりのヒットの宿で毎日ご機嫌な私です。
    本当に私って単純だなぁ・・・・




宿の情報です

名前 ARI HOUSE
住所 HanomanSt.Gang Anila No.10x Ubud-Bali
電話 085-237-163-942


※メインストリートから少し離れているので見つけづらいですが、近くの人に聞いたらすぐ教えてくれると思います。
 料金は私達は長く泊まったので安くしてもらいましたが、普段はダブルで100,000Rp(約1,000円)です。




ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします

バリ嫌い加速中

2010年07月01日 18:28

警察のあまりにも理不尽な行動に、怒りの収まらない私達はその足で警察署に向かった。

そして別の警察官に一部始終を説明した。


もちろん私達は交通ルールを違反しのだから、その罰金は払うつもりだ。
ただオカシイでしょ。あの警察官の行動は!!


興奮気味で訴える私達に向かって、話を聞いてくれた警察官は
「とにかく落ち着いて。さすがに銃を向けるなんて ありえない事だ。僕からも注意をしておくよ。
 免許証の方もちゃんと取り返すから心配しないで」



おっ!?
インドネシアには話の解る警察官もいるみたいだ。




対応してくれた警察官が電話で、私達に銃を向けた警察官の事や免許証がどこにあるのか
確認してくれている間、私達はとにかくイライラしながら待つこと20分。




なんと、私達に銃を向けた警察官が警察署に入ってきた。




私達を睨み付けながら、私達の話を聞いてくれた警察官のところに行き
何かを訴えている。インドネシア語なので何を言ってるのか解らないが、きっと自分は正しい事を主張してるはず。




納得のいかない私達は、そこに行き また大声で彼のとった行動を説明し始める。





すると話を聞いてくれた警察官は、なんと銃を向けた警察官に

「彼女達に謝って、免許証を返しなさい」




銃を向けた警察官はインドネシア語で何か言い捨て、私達の免許証を投げ捨て出て行った。




「ちょっとちゃんと謝ってよ」そう叫ぶ私達に




話を聞いてくれた警察官は
「本当に申し訳なかったね。でも免許証も戻ってきたし、これで許してくれないかな」




そうは言われても・・・・・



しばらく世間話をして知ったのだが、私達が相談した警察官はなんと所長だった。

だからこんなに事がスムーズに進んだのね。





まぁ嫌な警察ばかりではない事は解ったけど




やっぱりバリ嫌いです><




ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします

警察に捕まった・・・

2010年06月29日 19:24

友達とバイクに2人乗りしていた時、交差点の奥の方から警察が出てきて、
私達に向かって
ピピピピピーーーーーッと笛を吹き「止まりなさい」と言われた。



その時私はヘルメットを被っていなかった。




あぁ~運悪いなぁ~としぶしぶバイクを降りて、警察の方に向かうと




警察「お前らは交通ルールを違反したからUS50$(4,500円)払え」


私達「えっ??確かに違反したのは認めるけど、US50$ってオカシイでしょ」


 ※バリでのヘルメット不着用の罰金はせいぜい500円程

なぜかこの警察は最初からずっと喧嘩腰で私達を怒鳴りつけてくる



警察「俺はインドネシア人でインドネシアのルールを知っている。
   インドネシアのルールを知らないお前らが悪いんだ。お前らは悪い奴らだ。
   今すぐこの国から出て行け!!」


私達「ちょっと待ってよ・・・何言ってるの??なんであなたにそこまで言われなくちゃいけないの?
   私達が何をしたのよ?ただヘルメットを被ってなかっただけでしょ。」



警察「いいかお前らは刑務所に送られるんだ!!わかったか」



私達「はぁ??今日本大使館に電話するから!!」




そう言って携帯を取り出した瞬間


    

 警察は私達に向かって銃を突きつけた


  


私達は言葉を失う




意味が解らない。




怒りで気持ち悪くなってきたが、銃を見せられると何も出来ない。




あまりにも理不尽でしょ・・・・



両手を挙げて、「ソーリー(ごめんさない)」  私達は、恐る恐る謝る




銃をやっとおろした警察は、私達の運転免許証を持ったままバイクで立ち去った・・・






は??どういうこと?
というか免許書返してよ。意味が解らない。




この旅でここまで興奮して怒りを覚えた事はあっただろうか??
というか、こんな理不尽な事は一度もなかった。





ありえない




バリ大嫌いだ





こんな国、言われなくても出てくよ




確かにアジア諸国では、警察がお金欲しさに旅行者を捕まえてワイロを要求したりする事がある

それでも、この国の警察は ひどすぎる。というかオカシイでしょ。



怒りが収まらない




後で友達に言われたのですが、普通銃を向けられたら 死ぬのかな?と思ってしまい
怒りとかそういう場合ではなくなるみたいです。
私はその段階までもいっていなく、その銃を向けられた状況自体がリアルな物とは感じられず、
銃を向けられている間は、言葉が出なかったものの その後はすぐ怒りが襲ってきました。

でも今考えると、怖くてしょうがないです><



           次回に続く・・・


ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします

昔からの風習が未だに残る島

2010年06月27日 19:32

バリ島は人々の約90%がヒンズー教を信仰している島で、バリ人の生活には宗教が深く根付いています。

バリ島の朝はお祈りから始まる
風習1

風習2


毎朝のお供え物
風習3


このお祈りする人達を見ない朝はない。
この朝の儀式がバリ人の穏やかさの秘訣なのかな??



またバリの子供達は満月の日には学校に制服ではなく、バリの正装で学校に行くんです。
風習4

風習5

風習6


男の子が頭につけている布はバリの男性の正装でウダンと呼ばれるもの。
子供がつけるとかわいらしい^^


大人がつけると貫禄がでます
IMG_9340.jpg


ビーチボーイがうるさいバリ島と同じバり島とは思えないほど、
人々と宗教が密接な関係にある、神聖な空気が漂う一面もあるんです。


ホームページ
ワールド キャンバスはこちらから
世界の笑顔が満載です

ブログランキング参加しました
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしくお願いします



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。